「大阪維新の会」「都民ファーストの会」以外に知らない地方政党

私事

まずは一言。僕自身が知識が少なくて知らないのかもしれません。

多分、他にも沢山あるんでしょう。

「大阪維新の会」

近畿地方?関西?に住んでいるなら、一度は聞いた事がある政党でしょう。

僕の予想はハズレ!

「大阪維新の会」といえば、やっぱり『大阪都構想』でしょう。
中には、『橋下徹』って言う人がいるかもしれないネ!

一回目の『大阪都構想』住民投票では、予想が付かなかったのが本音です・・・

でも、二回目の『大阪都構想』住民投票では『賛成派が勝つ!』と考えていました。

しかし、結果は『反対派』が優勢でした。

一回目の住民投票で代表の橋下徹が辞任。
二回目の住民投票で代表の松井一郎が辞任。

そして、代表に吉村洋文氏がなりました。

1代目と2代目代表に思った印象

ここに書くのは、僕が勝手に思っていた印象です。

田舎はん
田舎はん

印象が違ったり、間違っていても怒らないでよ。

一代目代表の橋下徹に対する印象

テレビで見ていたのもあって勢いがあった印象が強い!

流石、弁護士と思うだけあって口もナカナカのもの・・・

『大阪都構想』の印象が強いが、大阪市の赤字を克服したとか???
『大阪都構想』の住民投票で負けた程度で辞任はして欲しくなかったなぁと思っています。

田舎はん
田舎はん

「兵庫県民が言うな!」とか言わないでよ

二代目代表の松井一郎に対する印象

知らないだけなのかもしれないが、『大阪都構想』に対しての考えが強すぎた人だとも思っています。

大阪市長の任期を全うするとか言っていたが、正直に言うと、大阪市長の選挙に立候補して欲しいと思います。

代表を辞任するのは止めないが、大阪府知事と大阪市長が同じ政党の方が話を合わせやすいハズ!

同じ政党で仲が良い方が上手く行くハズですから・・・

『大阪都構想』が反対派が勝った理由

はじめに、もう一度いうけど僕が勝手に思っているダケだよ。

今、コロナでゴタゴタしています。大阪府知事と大阪市長の連携が良すぎたのが敗因の一つだと考えています。

都構想で一つにならなくても、大阪府知事(吉村洋文)はよくやってくれてましたから・・・

「大阪市」が無くなくってのもありましたので、理由を一つにまとめるのは僕には難しすぎです。

「都民ファーストの会」

東京都を地盤に活動する地域政党。
小池百合子が創設、主宰する政治塾「希望の塾」を母体としているそうです。

名前が「嫌」!

名前がい「嫌」だと思っている理由は、「アメリカファースト(アメリカ第一主義)」とか言う言葉があったからです。

「都民ファースト」を日本語にすると「都民第一主義」ってなるのかな?と思っています。

まぁ、東京都を地盤に活動する地域政党。なのだから東京都民には良いのでしょう。

目立った代表の小池百合子

代表であり、東京都知事の小池百合子。

ナカナカ目立つ存在。

「5つの小」など提唱した時には「ズルい」のか?「賢い」のか?判断しにくい人だと思いました。

ちょっと調べた結果

小人数(こにんずう、こにんず) ←対義語→ 大人数(おおにんずう、おおにんず)

少人数(しょうにんずう、しょうにんず) ←対義語→ 多人数(たにんずう、たにんず)

僕自身は「小人数」は無く「少人数」だと思っていました。
しかし、「小人数」って言葉はキチンと存在するんです。

「5つの小」で「小人数(こにんずう、こにんず) 」を選んだのはナカナカのスゴイと思いました。

まとめ(私の考え!)

好かれようが、嫌われようが、有名になる方が大事だとも言えます。

だって、まず知ってもらわないことには、選挙で名前も書いて貰えませんから・・・

有名な党なら知っているが、兵庫県の地方政党の事も知りません。

田舎はん
田舎はん

僕ってダメなヤツ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました