サーバーと契約。ドメインを取得する。

詳しくネットのことを知らない私でも、『サーバー』『ドメイン』という言葉を耳にはしたことはありますが詳細まで説明しろと言われると難しいのが本音です。

なので、本を読んで考える私の考えを説明します。

 

『サーバー』とは?

作成するホームページやブログを格納するところです。その他にはメールなども扱います。
他のコンピューターへデータやサービスなどの提供を行います。

結果として高い処理能力、安定性、信頼性が求められます。

ホームページなどに多数の人が閲覧して、すぐに動かなくなっていたのでは話になりませんからネ。

 

『ドメイン』とは?

インターネットを利用し、直接アクセスする時に入力するヤツです。
私が作成しているこのサイトのアドレスは ❞https://inakahan.com❞です。inakahan.comの部分が『ドメイン』と呼ばれます。

『サーバー』と『ドメイン』の考え方!

難しいことは置いておきましょう。
作成するホームページやブログを、家やマンションを考えます。
すると、建物を建設するのには土地が必要となります。それが『サーバー』と考えれます。
家やマンションを建設しても、住所わからなければ行こうと思っても行くのは難しいですよネ。
『ドメイン』が住所のようなものだと考えれると考えます。

契約する『サーバー』を選択する

今の時代、契約する『サーバー』をインターネットで探すと多数あります。

サーバーの種類

ネットで調べてみた結果、サーバーには多数の種類がありました。

  1. メールサーバー
  2. Webサーバー
  3. データベースサーバー
  4. DNSサーバー
  5. FTPサーバー
  6. SSHサーバー

細かい説明を書かれていましたが、私には理解できていません。

レンタルされるサーバーの種類

分けられる種類は

  1. 共用サーバー
  2. VPS(バーチャル プライベート・サーバー)
  3. 専用サーバー
  4. クラウドサーバー

の4種類です。4種類でメリット/デメリットが存在するのは確かな話です。
料金を考えた場合、共用サーバー < VPSサーバー <専用サーバー <クラウドサーバーとなる感じです。
料金が高額になるほど、専門性が高くなりそうだと感じました。

どの種類のサーバーをレンタルしようと判断はできませんでした。

 

4つのレンタルサーバーから選択

WordPressでサイトを作る時に選択するレンタルサーバー

  1. 安定感で選ぶなら、エックスサーバー
  2. 料金よりも速度重視で選ぶなら、ConoHa WING
  3. 最新スペックで料金を抑えるなら、mixhost
  4. 料金重視で選ぶなら、ロリポップ!(LOLIPOP!)

私がサイトを作る前に読んだ本やネットでは、とにかくエックスサーバーを推す人が多かった印象があります。
しかし、私は料金重視でロリポップ!(LOLIPOP!)を選択しました。

 

ドメインを取得する。

ドメインを取得できるサイトも複数あります。
幾つか例を書きます。

  1. お名前.com
  2. ムームードメイン
  3. Xdomain(エックスドメイン)

どのサイトからドメインを取得しても問題ないと思いますが、レンタルしたサーバーの進めるサイトからの方が作業が進めやすいと思います。

サイトの名前やドメインはよく考えて取得しましょう。

 

まとめ

『サーバー』をレンタルしたり、『ドメイン』取得する前にしておく必要があることを言います。
どんなサイトを作りたいのか?どの様な名前にするか?サイトの目的もシッカリ考えた方が良いでしょう。

目的がお金を稼ぐことなのに、あなたが日記ブログを作成しても、私は興味ないですからネ。

そして、『サーバー』を選ぶのも大切です。
私は、料金が安いのでロリポップ!を選択しましたが、参考にしている本はエックスサーバーでの作業を書いています。
結果、ワカラナイ事が多くて大変です。

選択したサーバーでの事が書いてある参考書など集めることが出来れば、集めた方が良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました