『熱中症警戒アラート』|危険を招く恐れがある熱中症に気を付けよう!

私事

熱中症予防のために、2020年から気象庁と環境省が発表している情報。2020年に全国に先駆けて関東甲信地方を対象に実施している。

アラートの判定基準

暑さ指数が、21度より低い場合。ほぼ安全。
暑さ指数が、21度以上で24度以下の場合。注意。
暑さ指数が、25度以上で27度以下の場合。警戒。
暑さ指数が、28度以上で30度以下の場合。厳重警戒。
暑さ指数が、31度以上の場合。危険。

なぜ危険なの?

考えられるのは、全国にテレビなどで言われるものの『熱中症警戒アラート』が対象となる地域が、
関東甲信地方(1都9県)のみが対象となっていることでしょう。

対象地域以外には、『熱中症警戒アラート』は関係ないということです。

「私の住む地域には『熱中症警戒アラート』が出ていないので熱中症に気を付けなくても大丈夫!」と考える人がいるかもしれません。

田舎はん
田舎はん

僕自身、『熱中症警戒アラート』の対象地域の事を先日知ったんダ!

まとめ(私の考え!)

『熱中症警戒アラート』の対象地域の中だけで言うようにして欲しいと考えるものの、
テレビで全国的に言っているので、対象地域を全国にしたらイイのになぁ~と考えます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました