Googleアナリスク|ユーザー数が上がったのは1日間だけでした。

先日見たGoogleアナリスクではユーザー数が増えていました!
しかし、継続するか?それとも一発?なのか・・・確認しました。

Googleアナリスクを確認した結果

朝のテレビを見て、Googleアナリスクを起動し確認すると予想はしていたが恐ろしいことが起きていました。

グラフで見ると、ユーザー数の減ったのがよく解る反面悲しい気持ちもありました。

Googleアナリスクの表示は正しい?

私は、Googleアナリスクも利用しています。
ちなみに、今は忍者AdMaxも利用しています。
ユーザーが増えれば、忍者AdMaxをGoogle AdSsenseのアカウントを取れたら良いと考えています。

8月6日のユーザーが27人だったが、幅を見て25人と考えたとしても25回は表示されているハズと考えました。
確認したのは忍者AdMaxですが、インプレッションは0件でした。

忍者AdMaxでは、作成者が記事を書くときに画像を見た場合、インプレッション数に加算されるようです。
なので、多くなることはあっても少なくなることはないと考えていたのですが、数を見ると明らかに異なりました。

簡単な説明

私自身でも知らない事が多いので自分の学習の為にも説明します。

ユーザー数とは

サイトに訪問したユーザーのことです。
例えば、3人で順番に1週間の間サイトを見てもユーザーは3となります。

セッションとは

ユーザーがサイトに来て・出た回数をいうそうです。
サイトを見てくれた回数なのでしょう。

ページビュー(PV)とは

単純に言えば、表示されたページの回数です。
なので、同じユーザーが3ページ見れば、ページビューは3となります。

インプレッションとは

ページビューとインプレッションは同じように思われがちです。
現に私が似たものだと考えていましたからネ。
インプレッションは、広告が表示された回数です。
なので、最近では1ページに3広告表示することも多いですよネ。

例を書きます。
1のページに3広告表示したとします。
すると、1のページビューに対してインプレッションは3となります。

まとめ

ユーザー数・セッション・ページビュー・インプレッションについては理解できたものの、
Googleアナリスクと忍者AdMaxの値の差は理解できていません。

そういえば、Googleアナリスクで見たユーザーの地域でフランスが多かったのを思い出しました。
簡単に考えて、フランスは日本の海外です。
もしかすると、忍者AdMaxって海外では使えないのかな?

 

タイトルとURLをコピーしました