栃木県の山火事に続いて、群馬でも・・・!山火事は何故消えない?

私事

数日前に起きた、栃木県足利市の山火事が発生して4日経つものの鎮火の見通しは?です。

そうこうしている時に、群馬県桐生市でも山火事が発生してしまいました。
その山火事の鎮火の目途も?だそうです。

 

山火事は何故起きる?

基本的に火かなければ火事は起きないハズです。
原因として考えられるのは、自然的な事と人間による事でしょう。

自然的な事

火山の噴火やカミナリなどが原因で発火する場合でしょう。
流石に、この原因で発火するのはマレだと思います。

田舎はん
田舎はん

太陽からの光が何らかの物体により反射又は屈折し、
これが1点に集まった場所に可燃物がある場合、
熱が蓄積し発火に至る場合があるそうです。

 

田舎はん
田舎はん

子供の頃。

虫眼鏡で太陽の光を集中して新聞紙を燃やしやヤツだよネ!

人間による事

たき火やタバコの不始末、放火、焼畑農業などです。

大規模になればなるほど、消火しにくい

簡単に考えるて、山火事と言えば大規模です。
消火活動しようにもアチコチで火の気が・・・。
消火活動にあたるとどこから手を付けていいのか?迷ってしまいます。

水は上から下に降ります。
火は、逆に下から上に燃え上がります。

消防が消火活動にあたったとして水源がシッカリ確保でしたでしょうか?

田舎はん
田舎はん

僕の経験では、
水源の確保に苦労して1?本のホースを繋げた経験があります。

山の麓に放水できた処は消せても、放水の届かない処の火は消せないので全てを鎮火するのは難しいんですよ。

田舎はん
田舎はん

僕の体験では、数日後に雨が降ってくれて助かりました。

規模が小さくて放水可能な範囲なら山火事でも、鎮火できる可能性があると思います。

まとめ(私の考え!)

今の季節は、枯葉が多くて乾燥しているので、よく燃えるのでしょう。
ヘリコプターで水を撒いている映像をよく見ます。
流石に、火の大きさからして火を消す水の量には全く足りないと思います。
そこで、思い切って火が付いていない部分に氷を大量に落とすのはどうだろう?と考えました。

田舎はん
田舎はん

氷を選んだ理由、

水よりも運びやすいと思う。
溶ければ水になる。

枯葉はよく乾燥していれば燃えやすいが、枯葉も湿っていれば燃えにくいです。
なので、溶けて水になった氷が枯葉を濡らしてくれると考えました。

水なら簡単に蒸発してしまうかもしれないが、一段低い温度の氷なら蒸発するまでに少しは時間が稼げるのと、温度を下げれると考えました。

田舎はん
田舎はん

素人の考えたことなので、
上手くいかないよなぁ~~~。

基本的に、消火活動って火を追いかけて消火しまいます。
相手が小さければ、次に物が燃えないようなど考えながら消火できるのですが、
相手が大きくなると、消火することしか考えられなくなっています。
思考回路が奪われてしまうのかもしれませんネ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました