自転車専用道路はあるのに、原付一種専用道路は無いのだろう?

私事
田舎はん
田舎はん

実を言うと、『自転車専用道路』すら見たことないんダ!
ちなみに、僕は両方に乗ってるよ!

なかなか、田舎で『自動車専用道路』なんて見かけないかもしれませんネ!

『自動車専用道路』がある事は知っていました。

今回、スクーターに乗って買物に行った時に『原付一種専用道路』がないのだろうと思いました。

制限速度

原付バイク(原付一種)の場合

道路の制限速度を守りつつ、30km/hとなっています。

田舎はん
田舎はん

よく、30km/h以上の速度をスクーターで出てるんダ・・・。

ちょっと、アクセルを捻ったらスピードが出ちゃうんでよくオーバーしてるし、下り坂だとアクセルを抜いてもスピードが出ちゃうから・・・

よく、スピード違反している人は多いでしょう。

アシスト自転車の場合

制限速度は24km/h。

ペダルを漕ぐアシストをしてくれるのでスピードがでる感じがします。
しかし、スピードが24km/hに到着するとアシストが無くなるそうです。

下り坂では、30km/hほどのスピードがでます。

(漕ぐ)自転車の場合

道路の制限速度を守りつつ、60km/hとなっています。

自由に運転できる自転車

以降は、アシスト自転車も漕ぐタイプの自転車も全て『自転車』と書きます。

自転車は結構自由に乗られています。

田舎はん
田舎はん

もしかすると、田舎だからなのかな?

自動車は、右側を走ったり。左側を走ったり・・・。車道を走ったり・・・。歩道を走ったり・・・。
自動車が走っていなければ、横断歩道意外で道を横切るのは当たり前です。

制限される原付(一種)バイク

横断歩道を守らなければ危ないですよネ!

走るのは道路の左側です。
田舎に3車線の道路はないので、右折する時には右側に寄っています。
(以前、右に曲がる時にトラックに割り込まれて巻き込まれそうになった経験があるので、
自動車に割り込まれないようにしています)

田舎だと、制限速度50km/hの道でも自動車が少ないので、
70~80km/h平気でだすので原付(一種)バイクだと気を使います。

後ろの自動車に抜かれるように道をカナリ開けても抜いてくれない自動車が一杯!!!

本編のまとめ

制限速度だけをみると、原付(一種)より自転車の方が上。

原付一種に乗っていて不便に思うのは、制限速度が30km/hなので原付二種の免許が欲しいな!とよく考えます。

(漕ぐタイプの)自転車に乗っていて不便に思うのは遠いと疲れる事と、中学生や高校生は2~3列で歩道を自転車で通っているのですれ違う時に、車道の状況を見て車道を利用するのが面倒です。

他国と違って日本は国土が狭いので、『自動車専用道路』『原付一種専用道路』なんて言うのはワガママかもしれませんネ!

お金がいるだろうし・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました