親知らずの抜歯後の抜糸

私事

抜糸を「ばっし」と言います。抜歯も「ばっし」と言います。

今回、歯の治療で通っていた歯医者さんの紹介で、今月、親知らずの歯を抜きました。

親知らずの抜歯

周りの人に抜歯前には、「痛い」「ペンチで・・・」などイロイロ話を聞きました。

聞く気がなくても周りの人が、脅してくるので耳に入ります。

しかし、抜歯の治療はそれ程痛くありませんでした。

 

抜歯の治療

親知らずの抜歯って手術になることを知ったのはこの時です。

私の行った病院では、顔に布?を被せて機材や道具を見えないようにしていました!

まっ!痛かったのは麻酔の注射くらいでした。

確かに、顎に圧力がかかる時があるので我慢する時もあるけど、思ったよりも楽でした。

私の場合、親知らずの歯が横向きに生えていたので歯を半分に切断されていましたよ。
(抜歯後に、「歯を持って帰りますか?」と見せてもらったので知っています)

抜歯した後・・・

抜歯した処にはメスで斬られているので、縫われています。

どの様になっているのか?自分で鏡を見て確認はしていません。
(舌に糸が当たるので・・・ 見ませんでした!)

糸で縫われているせいなのか?抜糸するまで痛くて口を大きく開けれませんでした。

抜歯後の痛み

正直いうと、痛かったのは、晩食後の薬を飲むまででした。

他にも痛み止めの薬は貰っていましたが使いませんでした。

問題があるとすれば、
抜糸するまでは、いつものように食事で出来ず、カレーライスを小さいスプーンで食べました。

それに、抜歯した部分に米が詰まって・・・ 水やお茶でうがいして対応しました。

親知らずの歯を抜歯した後の抜糸

正直いうと、抜糸するのに麻酔か何かの注射をすると思っていましたが、「チョット痛いですよ」と言われ目を瞑っていると「終わりました・・・」と言われました。

時間にすると、1分以内・・・

速かったの一言ですよ。

まとめ(私の考え!)

今回治療で親知らずの歯を抜いて・・・ 抜糸も終わって・・・ 全て終了です。

今回の親知らずの抜歯は、それ程痛くなかったし、ソコソコ良い経験になったと思っています。

今日、病院に行って「抜糸」をした事を伝えると、「抜歯」と勘違いする人が多かったです。

ドッチも「ばっし」なのでややこしいよなぁと感じました。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました