雑草対策|時期を考え、雑草の状態を考え行動する

時期によって、生えた草の大きさは様々です。
草は時期によっては、草の生える前/草の繁殖期/草の枯れた後の3つに分けることが出来ます。

「枯れた後」と「生える前」は似たようにも思えますが、今回は雑草対策で雑草が生えないように考えるので別に考えます。

雑草対策|選択時期① 草が生えないように対策する

草が生える前か?生えた草が小さい間に対策するのが正解でしょう。
草が大きく成長してから、草の元気を奪ってもゴミが増えるダケです。
雑草が生えなくしたいので、対策するのだから雑草が生える前に対策するのが良いと思います。

対策方法としては、防草シートや「土壌処理型」の除草剤もおススメでしょう。

雑草対策|選択時期② 草の繁殖期に対策する

成長した雑草の対応することが多くなります。
その方法で考えられるのは、草引きや草刈り、そして除草剤でしょう。

草引きや草刈り

雑草が大きくならないように小さい内に草引きや草刈りをしたり、
丁寧に草引きをしても、雑草を完全に取り除くのは不可能です。

雨が2~3日続いて、草引きしないでいると、草はスクスクと大きくなります。
丁寧に草引きしても、草の根を完全に取り除くのは難しい・・・。というより不可能かもしれません。

なので、草引きや草刈りは邪魔な雑草を除けているだけの作業だと考えます。

除草剤を使う

雑草が生えてしまったら、「茎葉処理型」の除草剤を使うのがおススメ!
雑草の茎や葉から薬を吸い雑草が枯れていくという除草剤です。
除草剤を撒く前には草刈りをして、草刈りした雑草を掃除しキレイになった所に除草剤を撒くのをおススメします。
その理由は、草が枯れたといっても、枯れた雑草が長いと邪魔になるダケです。

雑草対策|選択時期③ 草が枯れた後に対策する

草も枯れて、雑草対策をするには良い時期だと思います。
気になるのは、1シーズン無駄にしてしまうことでしょう。

まとめ

「草が生える前」「草が枯れた後」では、あまり違いはありません。
作業の方法によっては、作業量が異なるので面倒に感じることが多く思います。
対策方法や対策する地域によりますが、秋から冬の間に対策するのもアリですが、「寒くて作業が進まない」場合や「雪で作業ができない」場合などがあるので、作業は3月初ころ~ 始めれは良いと思います。
対応する草の種類によって、季節がことなるのが確かな話です。

防草シートや除草剤、他の商品を使用する場合もあるでしょうが、商品の事をよく知って利用することをおススメします。

 

タイトルとURLをコピーしました