雑草対策|防草シート以外で雑草を生えさせない方法

私事

防草シートを使用せずに、雑草を生えさせない方法を考えてみましょう。

方法を考える

  1. 小石を敷く方法。
  2. ウッドチップを敷く方法。
  3. 瓦チップを敷く方法。
  4. コンクリートを敷く方法。
  5. アスファルトを敷く方法。
  6. 鉄板を置く方法。
  7. 水で固まる土を敷く方法。

方法を考えた結果、7つの方法を考えました。

方法を実践する

1~3の小石・ウッドチップ・瓦チップは聞いた話です。

小石・ウッドチップ・瓦チップを敷く方法

正直、この方法は簡単なようで難しく、ナカナカ資金を必要としそうです。
敷けば良いと考えても、高さ何センチ程度必要なのか?考えましたか?

私の住む実家の庭に小石を父親が敷いたことがありますが、草刈り機が使いにくくなった覚えしかありません。要するに失敗しました。

知り合いの話では最低でも5センチは敷かないとダメだと聞いていますが、10センチは敷きたいのでホームセンターで販売されている小石の袋だと、1平方メートルに10袋程度は敷きたいと言われました。

基本的に、物を敷いた最初はキレイなので満足するものの、後に苦労が待っているようです。

コンクリート・アスファルトを敷く方法

この方法を利用されている家を見ます。
雨の時を考えて水が流れるように斜めになっていたり、私はスゴク便利に作られていると考えています。

水や土が溜まっている地域も見た事があるので設計が大切なのを知りました。

道路でも境目から草が生えているので、永遠には不可能なのでしょう。

鉄板を置く方法

大きな鉄板を置いて、草が生えないようにしているのを見た事があります。
流石に、鉄板を突き抜けて生える草は無いでしょう。ナカナカ効果的だと思います。

気になるのは、熱とサビの2つです。
アスファルトやコンクリートも夏になると、スゴク熱いので気になります。
サビについては、防錆のペンキでも塗っておけば良いでしょう。

水で固まる土を敷く方法

興味あるものの、私自身が試したことが無い方法です。試したことがない理由は、どの程度の量で効果的なのか?が不明なことです。

コンクリートと同じように考えることも出来ますが?強度は劣ると言われているのである程度の厚さは確保しなければイケないと私は考えていますが、試した事がないので詳しいことまで言えません。

まとめ

薄くても1つで強度があれば、突き抜け草が生えることは無いと考えます。
結果、コンクリート・アスファルト・鉄板は強いと考えます。
小石・ウッドチップ・瓦チップは1つ1つは強いかもしれませんが、繋ぎ目が多いので厚さが必要なのだと考えます。

小石/ウッドチップ/瓦チップの3種類。
何かを敷いて雑草が生えないようにするのは、私自身の意見とするとおススメできる方法ではありません。

タイトルとURLをコピーしました