雑草対策|除草剤を使って生えた雑草を枯らす方法

私事

私が使用することが多いのも、この除草剤です。

除草剤の特徴

ここで使用する除草剤は、草の葉や茎から吸収され、吸収した草を枯らすタイプです。
「茎葉処理剤」とも呼ばれいます。
基本的に液体のものが多いようです。

除草剤のタイプ

除草剤には大きく分けて2つのタイプが存在します。
水で薄めて倍率を変更して利用するタイプと購入したまま利用するタイプの2つあります。

私的には、水で薄めるタイプの除草剤のほうが安価で、強めに除草剤を撒いています。

除草剤の選び方

どちらの方が便利ですか?と聞かれれば、購入したまま利用できる方が便利です。
今では、除草剤の入口がシャワーのようになっているので、購入して除草剤を撒くのが楽!

もう一方は、水で薄めたり・・・、除草剤を撒くじょうろ(如雨露)に入れたり・・・ 作業が増えます。

値段が安い方が良ければ、水で薄めて倍率を変えるタイプ。
便利な方が良ければ、購入したまま利用できるタイプ。

このようになるでしょう。

除草剤の利用方法

この除草剤は「茎葉処理剤」と呼ばれいます。
除草剤を撒いても、草の葉や茎にかからなければ意味がありません!
当然、雑草が短い時に除草剤を撒いて枯らせたいのは山々!しかし、草が短いということは石で隠れていたりした場合、除草剤にかかっていない可能性があります。その場合、草はすくすく成長していくでしょう・・・。

なので除草剤を撒いた後にも、除草剤を撒いた土地の状況を確認するのがベストです。
確認して、草がすくすく生えていたら対処方法を考えるベキだと思います。

対処方法とは?

今回、除草剤を撒く方法を説明しているので、もう一度除草剤を撒くのが良いと考えます。
1本や2本なら手で草を引いてしまえ・・・ という人もいるでしょうネ!

まとめ

一度、除草剤を撒けば3~4ヵ月は草が枯れると言われますが、週に1回程度は土地の確認をするのが良いと考えます。草の状況を見て除草剤を撒く・・・撒かない・・・を決めればよいと考えます。

悩む時期

除草剤を使用する時期に悩むのはよくある事だと思います。
2020年の冬はナカナカの暖冬ですから、庭の草達には良い環境のようです。まぁ、寒い時は寒いのですが・・・。除草剤を購入したものの、もしかするとコレから寒くなるかもしれないし・・・?作業をするのが面倒だし?ナカナカ最後の一歩が踏み出せないのが現状です。

まぁ、除草剤を撒く必要が無かったとしても、1月中に除草剤を撒こうと考えています。
(高価な商品は購入していませんからネ)

暖冬の2020年!

冬で寒くなれば生えた草も枯れるだろうと考えていましたが、生えた草は元気一杯!!!
一旦は除草剤を撒いたものの全ての草にかからなかったようです。

除草剤がかかっていないって解るのか?

その見分け方は簡単なこと

    • 除草剤がかかれば、草は枯れます。
    • 除草剤がかかっていなければ、草は元気なままです。

ただ、それだけのことなので簡単です。

草が元気が有れば、緑色のまま生えていきます。
草の元気が無くなれば、黄色になるか?枯れていきます。

タイトルとURLをコピーしました