神河町の観光スポットの1つ!砥峰高原

元 大河内町

神河町にある高原と言えば2つ!砥峰高原と峯山高原です。

砥峰高原で有名なのはススキ!ですが、それ以外にも楽しみ方は沢山あります。

撮影

ノルウェイの森」「信長協奏曲」「平清盛」「軍師官兵衛」の4つが有名です。

撮影に好まれる理由

上で紹介した4つの内、3つは歴史が関係するのは読者さんにも解りますよネ!
「ノルウェイの森」以外では、人の名前が入っていますから・・・

砥峰高原には当然、観光用に設置された道があります。しかし、高原の広い土地で電柱も無く、電線も無く、電球の光も無い場所なんて全国的に見ても少ない。

その結果、有名な4作以外にも合戦などの撮影で使用されているんです。

楽しみ方

基本的に砥峰高原を楽しむのは、当然風景。
ススキで有名な砥峰高原。そのススキが見頃となる9月下旬〜11月上旬はススキの風景を見逃せないが、高原が緑で一杯となる夏の風景もナカナカの物だと思っています。

四季ごとに自然を楽しもう!

四季によって高原の風景は様々!
夏の緑?も秋の赤?茶?金?よく解りませんがイロイロ。冬の寒い時期に雪が積もれば高原が白一色になる可能性も有り、四季の何時でも楽しめると思います。

年ごとに自然を楽しもう!

一年の四季毎の自然を楽しめたなら、年毎に自然を楽しむのも良いと思います。
ススキを例にしますが、毎年、同じでは無いんです!!!
流石に同じ種類なダケあって、同じような物だが、天気が毎年異なるので同じ根だとしても同じ成長をできるハズありません。結果として同じ日付に来たとしても全く同じではなく、違いと感じるのも良し!同じ高原の景色を見れて良かったと感じるのも良いでしょう。

交通を楽しもう!

砥峰高原での自然を見るには、当然のことですが砥峰高原に行かないとイケません!
その行く間の時間を楽しみましょう。

砥峰高原は山の上にあります。行く方法は様々で、タクシーや時期によってはバスで行く方法もあります。体力と時間があるなら徒歩でも自転車でも行けるでしょうが、バイクか自動車で行くのが定番です。

その道はクネクネしてナカナカの坂道。
もしかすると、途中で猿や鹿などを見るかもしれません。

田舎はん
田舎はん

原付バイクに乗っていて猿を見た事あるけど、ぶつからない用に気を使っちゃった!最近の猿は、自動車やバイクに慣れているのか?逃げてくれないよ。

田舎はん
田舎はん

原付バイクで砥峰高原に行こうとした時は、原付バイクがナカナカの中古だったので、途中で行くのを断念しました。

坂道で最高速度が20km/hしか出なくて不安でヤメました。

まとめ

砥峰高原⇒峰山高原に自動車で行く道がありました。当然、峰山高原⇒砥峰高原も大丈夫だと思います。

峰山高原への道。砥峰高原への道。
2つとも聞かれた経験はありますが、もしも、間違えても行く方法はあるので気にしないで下さい!!!

写真

コメント

タイトルとURLをコピーしました