スポンサーリンク

アニメ「スーパーカブ」の第5話を見た感想!

ドラマ・アニメ・映画・漫画

アニメ「スーパーカブ」の1話~4話も、Youtubeで見ました。

始まりこそユックリしたペースで始まりました。

第5話のあらすじ

礼子の1年生時代の話から始まり、小熊がスーパーカブで礼子の暮らす家に来た処から話は進む。
礼子の赤い郵政スーパーカブはボロボロだった。
礼子の夏休みの間にしていた事が、第4話の主流。

礼子が夏休みにしていたのは、富士山6合目への荷物運び。
目的は、富士山をスーパーカブで登る事のようでした!
走路の点検を兼ねて、スーパーカブで何度も挑戦する。

途中、高山病になったり大変でした。
結果としては転倒で愛車のスーパーカブが壊れてしまった!

女の子二人。一つの家でナカナカ話は盛り上がっていたようです。

残された夏休みは一週間。
小熊は自動二輪の免許を考えていた!

小熊の乗るスーパーカブ

小熊の乗るスーパーカブは3人殺した呪いのカブとも呼ばれている。

現実は、

  • 一人目の持ち主のソバ屋のジィさんは、酒の飲み過ぎで死んだ。
  • 二人目の持ち主の本屋のオヤジは借金抱えて夜逃げ。
  • 三人目の持ち主の神父は免停でカブを手放した。

人身事故には関係なかったようです

Youube スーパーカブ 第5話「礼子の夏(Reiko’s summer)」

第5話の感想

家から富士山までは遠いので、スクーターで行こうとも考えたことがないのが本音です。

そう考えると、礼子ってスゴイ事を考えるなぁ~と思いました。

礼子って、行動力があるというか?挑戦的というか?スゴイと思いました。

小熊の自動二輪の免許を聞くなり、
教習所の予約やエンジンのメンテナンス(改造)を計画してしまうのだからスゴイですよネ!

まとめ

礼子は、エンジンなどイジれるのはスゴイと思います。

そんなの何時勉強したの?と思いました。
僕も出来ればと思うけど、解かんないので出来ません。

ワシは、夏休みは宿題がなかったの?と聞きたいネ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました