スポンサーリンク

原付バイクの最高速度30キロには危険に感じています

乗車中

スクーターを乗っている時、気が付くと最高速度を超えているなんてことはよくあります。

↑のような事は、原付に乗っている人ならよくあると思ってます。

知人がスピード違反で捕まってるので、僕だけとは思ってません。

田舎道だと、ついスピードを出してしまって40~50km/hの間でスクーターを走らせていることが良くあります。

最高速度が30km/hの原付でも30~40km/hの速度でスピード違反で捕まらないと思っています。

なので、一般道の最高速度を40km/hとなっている都会の道では「二段階右折」に気を付ければ自動車の流れに合わせて走行できると思ってます。

今までに一回しか都会の道をスクーターで乗ったことないんですけどネ!

ハッハッハ!

都会の道と違って、田舎の道を走る自動車は最高速度の標識なんて気にしていないのか?ナカナカの自動車はスピードで走行しています。

スクーターで調子に乗って走行中。
スピードメーターを振り切っていたのを抜かしていく自動車がいます。

その状況でも遅い自動車は凄く遅いです。

都会に住んでいる知人は、田舎の方が道が広いんで楽だろうと言います。

しかし、両方の経験からして田舎の方が怖いのが本音です。

原付の最高速度が30km/h

スクーターに乗る自分の意見としては、原付一種の最高速度が30km/hと決まっているのは面倒です。

一般道の法定最高速度は60km/hだが、法定最高速度を守っている自動車をあまり見ないのが本音です。

白バイの点数稼ぎの為、原付の最高速度は変更されないと考えています。

白バイやパトカーが居ないか、スクーターに乗る時は心がけています。

正直いって、原付一種も原付二種も最高速度は同じでも良いと思っています。

スピードが30km/hを超えたくらいから事故でケガする度合いが上がっているのも確かです。

↑が最高速度が変更されない理由かもしれません。

原付一種の最高速度30km/hで自動車に抜かれるのが前提。

実は自動車に抜かれる時って気を使うんですよ

走行中の怖い力

スクーターに乗っていて怖い思いをしたことが数回あります。

自然の力

「自然の力」には勝てないってのが本音です。

スクーターの運転中の強い風は怖いです。

前や後からの風は、身体に当たる風の強さや速度が変わっても自分で対処できるので苦には思っていません。

問題は横からの風です。

常に強風が吹くのであれば、ハンドルを握りしめて対応します。

怖いのは急に強風が吹くときです。
ハンドルを握りしめているワケでもないので、走行中の風にバランスを崩しそうになってしまうので急な風には気を付けましょう。

人間の力

「自然の力」には逆らえないので仕方ないと思います。

トラックやバスで横を通過する時に、スクーターの事なんて考えていないとよく思います。

道幅があっても、お構い無しで走行するので横を通る時に風などが本当に怖いです。

走行中の危険を回避する

事故は多数ありますが、状況には2パターンあると考えています。

一つ目が、事故にあった(被害者)側になるパターンです。

もう一つが、事故した(加害者)側のパターンです。

どちらも側になっても事故にあうのは嫌です。

加害者にならない為

安全運転していれば基本的には大丈夫なハズです。

僕は雨が降ったり、風が強い日はスクーターに乗らないようにしています。

あと、サイクリングしている自転車を追い越す時は、追い越して十分なスペースを取ってから左側によるようにしています。

被害者にならない為

スクーターの最高速度30km/hを守って左側によっていれば、基本的に自動車は適当にスペースを開けて追い越していきます。

状況によっては、ナカナカ追い越してくれない自動車もいます。
(道幅が狭い時。カーブが多い時。自動車が大きい時)

もしかすると、自動車を運転する人にもよるかもしれません。

スクーターを停めれるスペースがある時は、
スクーターを停め自動車に先に行ってもらうようにしています。

スクーターを停めれるスペースがない時は、
自動車が抜きやすい場所まで少しスピードを40km/h程度で走行しています。

まとめ

自動車に乗る人も「事故」はしたくないハズです。

スクーターでアクセルを開けてスピードを出しても、自動車にはかないません。

スクーターに乗っている時、後ろに自動車に付かれるのが大っ嫌いです!

後ろに自動車につかれた場合、出来るだけ自動車に抜かれるように心がけています。

都会では後ろの自動車に抜かれる為に、停まってたら動けないように考えてしまいます。

なので、僕のとる方法はもしかすると田舎だから通用するのかもしれません。

 

乗車中
スポンサーリンク
田舎はんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました