スポンサーリンク

原付バイク走行する暑い日の対策を考えよう!

対策

暑い日に原付バイクに乗る場合の服装を考えましょう。

夏の暑い日にはTシャツと半ズボンで生活しているのが良いです。

クーラーのある部屋なら別に気にしないけど、クーラーのない部屋では服やズボンは短い方が気持ちいいね!

服装とすれば、教習所で習った服装が良いと思います。

急な用事で原付バイクを利用する時に、服装を着替えてる時間をとることが出来ません。
その結果、そのままの服装で原付バイクに乗ることもあります。

暑い日に、Tシャツと半ズボンで原付バイクを運転すると気持ち良いんです。

原付バイクでは最高速度が遅くても、風が気持ち良いんです。

風は気持ち良いけれど、気になるのは『日焼け』です。

バイクの運転時間などによっては身体中に『日焼け』するので対策を考えましょう。

はじめに

今回の記事では、『日焼け』についてです。

『日焼け』を気にしないという読者さんは、ここで終了してください。

『日焼け』を気にする人は、記事を読んでください。

日焼けの原因

日焼けの原因となるのは、日光(紫外線)と言われています。

流石に、原付バイクの運転中に日傘を差すことなんて出来ません。

原付バイクの運転中は日光(紫外線)の浴び放題です。

対策がなければ、『日焼け』すると考えておきましょう。

『日焼け』の経験

これは昨年の話です。

私用に原付バイクで出かけました。
その帰りは興味本位で知らない道を通った結果迷子になりました。
時間にして二時間程度で、自分としては原付バイクに乗るのは好きなので楽しめました。

しかし、Tシャツだったのが最悪の原因です。

両腕の手首~肘まで日焼けで真っ赤になりました。

ちょっとヒリヒリした程度で助かった…

『日焼け』の対策!

半袖・半ズボンは辞めようと言っても、暑い日に辞めれるハズはないので他の方法を考えましょう。

服装で対策する

服装で半袖・半ズボンを着ても、日光(紫外線)から守られるのは隠れた部分です。

使用するヘルメットによっては首の部分は守られません。

素手で原付バイクを運転していれば、手の甲も守られません。

身体の多くの部分、全部を服装で対策するのは難しいと思います。

『日焼け止め』を使用する

『日焼け』を防ぐのに便利なのが、『日焼け止め』でしょう。

クリーム/ジェル/スプレー/ローション/ミルク/パウダー/スティックと7つのタイプがあるので、良いと思うものを使用すれば良いと思います。

ミルクタイプは、敏感肌の人や赤ちゃんにおススメだと聴きます。

自分としては、使い慣れてるクリームタイプが良いと思います。

顔用の『日焼け止め』もあります。

ヘルメットのシールド

ヘルメットの普通のシールドでも日光(紫外線)はソコソコ防げるようですが、安心してはイケません!

防げるのは、あくまでソコソコです。

シールドにも『紫外線』対策されているので、利用方法を考えるのも良いと思います。

まとめ

服やズボン、日焼け止めのシールドで日光(紫外線)を防いで『日焼け』を防止するもの人る一つの方法でしょう。

しかし、身体の全てを日光(紫外線)から防ぐのには無理があると思います。

日光(紫外線)から守る事のできない部分を『日焼け止め』のクリーム/ジェル/スプレー/ローション/ミルク/パウダー/スティックを使うのが良いと思います。

例として、アイテムを使用せずに『日焼け止め』クリームを全身に使うのも一つの方法です。

日光(紫外線)に長時間あたる部分は、『日焼け』を考えるべきだと思います。

対策
スポンサーリンク
田舎はんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました