エンターテイメント情報

アニメ「スーパーカブ」の第2話を見た感想!

アニメ「スーパーカブ」の第2話「礼子」を見たのはYoutubeです。

スクーターに乗っている僕にとっては、バイク関係のアニメで少し気になっていたので見ました。

ペース的にユックリした展開だというのは、第1話を見てしていました。

 

第2話のあらすじ

主人公の小熊はカブに乗って通学し到着するが、ヘルメットをどうするか悩む。

スクーターを利用する男子生徒はシート下にヘルメットを入れるのを見て、説明書で「ヘルメットホルダ」の存在をしり、苦労しながらヘルメットを掛けてました。

授業で巾着袋を作成することまりました。

作成する巾着にヘルメット&手袋を入れる為、大きめの布を選んでいた時に他の生徒から理由を聞かれ、バイクで学校に通っていることを言う。

そのバイクがスーパーカブだというと「タダの原付」だと言われるが、スーパーカブに興味を持ったのか?礼子に話かけられ二人の距離は近づくのだった。

礼子は、排ガス規制前の郵政カブ(真っ赤な色のカブ)に乗り、車体はカナリ維持っているようでした。

主人公の小熊は学校帰りに買い物をします。

スーパーカブに乗るまでは学校帰りに買い物することは無かったようなので、行動範囲が広がったようです。

 

Youube スーパーカブ 第二話「礼子」

 

わかったこと

1つ目にわかったのが、主人公の小熊が学校にスーパーカブに乗り教室に行くとき、「二年」の標識が映ったので二年生だと思います。

2つ目にわかったのが、礼子の乗る郵政カブは排ガス規制前のバージョンなので維持ってなければ排気量は予想できるのだが、礼子は維持っているハズなのでワカリマセン。
ナンバープレートがピンクナンバーなのは確実です。

小熊は原付一種の免許/礼子は原付二種以上の免許なのは確実です!!!

 

第2話の感想

第1話と同じくユックリした感じのアニメでした。

スーパーカブにはシート下に収納スペースがありません。
変わりと言っては「ヘルメットホルダ」というものがあるんダと知りました。

ヘルメットの収納にリアボックスを考えると思います。

 

主人公の小熊には友達がいないのかな?とも思いました。

休憩時間中にも本を読んでいる礼子には昼ごはんを誘ってくれる友人は居そう。
人より(原付)カブって感じでした。

友人が少なそうな二人に共通の話題ができて良かったと思いました。

 

 

ABOUT ME
田舎はん
PG・SEの経験はあるが20年前の事。 インターネットの知識は素人なみだが、住んでいる地域、体調を考えてインターネットに挑戦します。 B型の就労支援事業所にも週に3日ほど通って作業しています。