バイク関連

原付(50cc)と自動二輪。バイクと自動車の違いって何?

原付(50cc以下)と自動二輪の違いやバイクと自動車の違いを考えたことありますか?

今回の記事ではそのような事について考えてみました。

原付(50cc以下)と自動二輪の違い

見出しで「原付(50cc以下)と自動二輪の違い」と通りです。

簡単に考えて、ヤッパリ排気量でしょう。

同じ原付でも排気量で原動機付自転車と小型限定普通二輪に分かれてます。

その上、自動二輪だと普通と大型があります。

後は乗れる人数かな?

原付(50cc以下)だと運転してる人しか乗れないのに対して、
他は二人乗り出来るもんネ!

「車」とは何?

今度はバイクと自動車の違いを考えて書いてみます。

こんなの簡単!簡単!

「タイヤの数が違う」のと「免許がちがう」ことでしょう。

そんなの当たり前!
詳しく考えると、これが難しいんだよなぁ~

「車」について

タイヤというか?それに代わるものが付いていたら「車」となるそうです。

なので、風の力で回るのを風車や人の力で進むのを自転車と言っています。

「車」の一種になるそうです。

「自動車」について

エンジンやモーターで動く「車」を「自動車」と呼んでいます。

なので、本当はバイクも「自動車」になるのだと思います。

タイヤの数が4つで分類されているのが現状です。

タイヤが4つ以上の物が「自動車」
4つより少ない物が「バイク」「三輪バイク」などと呼ばれています。

電動自転車と電動アシスト自転車

電動自転車電動アシスト自転車にペダルが付いています。

電動自転車はペダルを踏む必要はなくモーターでも動きます。

電動アシスト自転車はペダルを踏む力にモーターが力を加える感じて動きます。

自転車は免許が不要ですが、バイクには免許が必要です。

なので、ペダルが付いています。

思いっきり話がソレちゃいました!

なので話を戻します。

ソレと、今後は「自動車」というのでよろしくネ!

 

バイクと自動車の違い

タイヤの数でいえば、4つ以上の車が「自動車」、4つより少ない車が「バイク」です。

ヤッパリ乗車人数でしょう。

原付一種のバイクだと運転手の一人。
原付二種以上のバイクなら運転手込みの二人まで乗ることが可能です。

車種にもよりますが自動車の場合は、軽自動車でも4人程度は乗れちゃいます。

荷物を運ぶのは自動車の方がいいネ!

バイクも大きくなれば、リアボックスも大きくできるます。
しかし、500㎖の水を箱ごと買うのは難しいです。

流石にスクーターでは辞めておいた方が無難でしょう。

おしまい

 

バイクにはリアカーが付けれます。
ナンバープレートは、原付一種と原付二種には不要だそうです。

スクーターに乗る僕にとっては好都合だネ!

今度はリアカーの事を調べてみよう。

 

 

 

 

 

ABOUT ME
田舎はん
PG・SEの経験はあるが20年前の事。 インターネットの知識は素人なみだが、住んでいる地域、体調を考えてインターネットに挑戦します。 B型の就労支援事業所にも週に3日ほど通って作業しています。