雑草対策 情報

春夏秋冬や状況によって雑草の対応は変化していきます。

季節によって雑草の成長も変わるので、それに合わせて対策していくのが一番です。

春の時期(4月~6月頃)

雑草としては生え始める時期です。

メンドクサイ雑草が生えるのをできるダケ準備するのが良いと思います。

6月頃だと雑草も元気に成長する前段階!

有効期限が半年間ある除草剤を散布して、生えてきた雑草に染み込ませて効果を発揮すれば有効です。

夏の時期(7月~9月頃)

雑草としては元気に成長する時期です。

この時期に雑草対策をするだけムダだと思います。

この時期は人は受け身になって、雑草を引いたり刈ったりして対応するのが一番だと思います。一生懸命、雑草を引いても直ぐに雑草が生えてきます。

雑草を引いたり刈ったりする以外に、除草剤を使うのもおススメします。

どのような草が生えているかを控えたりして覚えておくベキでしょう。

短時間で出来る雑草対策ならやっておいて損はないでしょう。

秋の時期(10月~12月頃)

雑草が大人しくなる時期です。

この時期は一年草は枯れ、多年草も元気が無くなってくる頃です。

夏の時期に見つけた厄介な雑草の根を取るのが一番です。

根が球根の雑草も面倒ですが、地下茎と呼ばれる雑草は本当に厄介なので出来るだけ抜くのが一番です。

防草シートを考えている土地を耕して、土を固めておくのをおススメします。

冬の時期(1月~3月頃)

雑草が大人しい時期です。

基本的には寒いので何もしなくて良いと思います。

しかし、防草シートを考えているなら、この雑草が大人しくしている時期に作業しないのは勿体ないと思います。

初夏秋冬のまとめ

この時期に「〇〇」をするのがおススメしますとは書きましたが、別に季節に拘る必要はありません。

夏の時期、草刈り機で草を刈った後に防草シートを敷いても良いです。

除草の方法

簡単に考えて5つです。

  1. 雑草を刈ったり、雑草を抜く。
  2. 除草剤を撒く。
  3. コンクリート/アスファルトなどを使用して、雑草が生えにくくする。
  4. 水で固まる砂を使用する。
  5. 防草シートを使用する。

上の3つ以外にも方法を聞いたことがあると思います

その方法は2つです。(紹介したけど、絶対にしないでください。)

  1. 塩を撒く
  2. 熱湯をかける

雑草を刈る/雑草を抜く

正直にいうと、雑草を抜く時に雑草の根が切れて残るのでムダだと思っています。

なので、雑草は刈れば良いと思っています。

除草剤を撒く

除草剤には2種類あります。

  • 液剤タイプ…生えている草を枯らす
  • 粒剤タイプ…草を生やさない

コンクリート/アスファルトなどを使用する

一般の人でアスファルトを使用する人はいないと思っています。

一般の人でも手間ですがコンクリートは使用できます。

強度をあるので、自動車が移動する場所でも使用できます。

数年でヒビがはいる可能性があるので気を付けてください。

水で固まる砂を使用する

「水で固まる砂」も今では沢山の商品があります。

コンクリートと比較するとメリットは使い勝手が良い事。デメリットが強度があまり強くないので使用する場所を選びましょう。

防草シートを使用する

防草シートも今では複数の種類があります。

その防草シートようの接着テープも存在します。

防草シートの接着剤も存在します。