バイク関連

原付バイクのヘルメットには複数の種類あります。何を選びますか?

道路交通法第七十一条で、ヘルメットの着用は義務化されています。

バイク(125cc以下)の場合、半帽ヘルメットでもOKです。

なので、自分の好みで良いと思います。

しかし、乗る場所、季節、価格にも相談してヘルメットは選ぶ事をおススメします。

ヘルメットの種類は複数ありますが、ここではフルフェイス・(シールド付き)ジェットヘルメット・半帽ヘルメットの3種類のヘルメットで考えます。

「安全性」と「価格」を考えた場合。
フルフェイス > (シールド付き)ジェットヘルメット > 半帽ヘルメット

「気軽さ」と「スタイル」を考えた場合。
半帽ヘルメット > (シールド付き)ジェットヘルメット > フルフェイス

↑のように評価します。

理由は後で説明しますが、原付バイクに乗るなら(シールド付き)ジェットヘルメットとおススメします。

 

ヘルメットの役目

ヘルメットの役目を簡単に言うと頭部を守ることです。

もしバイクで転倒したとします。

頭部を強打した場合に、役にたってくれます。

 

「半帽ヘルメット」をおススメしない理由

「半帽ヘルメット」って、気軽に利用できるので楽です。

他の種類のヘルメットと比較すると、価格も安いですから手軽に購入しやすいです。

メリットだけを考えると、「半帽ヘルメット」のイチオシとなります。

デメリットを考えていきましょう。

 

安全性を考える

「半帽ヘルメット」では、顔や後頭部を守ることができません。

田舎で原付に乗っていると、虫がよくヘルメットのシールドに当たるんです。
「半帽ヘルメット」+「ゴーグル」でも、虫が当たった時に普通に運転できるかな?

 

季節を考える

冬の寒い時期に原付に乗ると、本当に寒いんです。

「半帽ヘルメット」では、顔に風が当たり放題です。

夏の暑い時期には気持ち良いかもしれませんが、虫の事を考えると「半帽ヘルメット」は辛いと思います。

 

安全性重視するならフルフェイス

一番に安全性を考えた場合、フルフェイスのヘルメットになります。

しかし、原付バイク(50cc以下)でソコまで危険な運転をするとも考えにくいので、
夏の暑い場面での通気性を考えてしまいます。

 

おススメは(シールド付き)ジェットヘルメット

『フルフェイス』『(シールド付き)ジェットヘルメット』『半帽ヘルメット』を安全性・価格・気軽さ・スタイルで比較すると、全ての面で2番を獲得できる『(シールド付き)ジェットヘルメット』がおススメです。

二番なので、上の一番となるヘルメットは存在します。

例えば、安全性では『フルフェイス』に劣る『(シールド付き)ジェットヘルメット』ですが、
気軽さでは上をいくのです。

原付バイク(50cc以下)という事などを考慮した場合、『(シールド付き)ジェットヘルメット』がおススメだと判断します。

 

まとめ

個人的にも『(シールド付き)ジェットヘルメット』を利用しています。

ホームセンターで125cc以下用バイクのヘルメットを購入しました。

原付バイク(50cc以下)で使用するヘルメットを購入するのは簡単ですし、個人的には『(シールド付き)ジェットヘルメット』おススメします。

使用する個人で決めれば良いと思います。

 

 

ABOUT ME
田舎はん
PG・SEの経験はあるが20年前の事。 インターネットの知識は素人なみだが、住んでいる地域、体調を考えてインターネットに挑戦します。 B型の就労支援事業所にも週に3日ほど通って作業しています。