JR播但線の欠点!

情報

住んでいる地域がら姫路市に行くには自動車か電車を利用することが多いです。

田舎はん
田舎はん

僕には自動車免許がありません。

自動車?電車?ドッチを利用しているかは、解るでしょう。

電車を利用する場合

電車を利用する場合、JR西日本の地方交通線である播但線を利用します。

播但線

「播但線は止まりやすい」と言う人も居るが、僕は特に止まりやすいとも思っていません。

基本となる駅

中心となるのは姫路駅/福崎駅/寺前駅/和田山駅の4つの駅です。
姫路と和田山を考えた場合。
播但線は姫路⇔和田山間の電車なので、この2つの駅が中心になるでしょう。

寺前を考えた場合。
電化されている姫路⇔寺前の間。非電化の寺前⇔和田山の間。
電車とディーゼル車の乗り継ぎもあるので、寺前駅を中心から外すのも難しいと考えます。

福崎を考えた場合。
利用する人が減っているのか?姫路⇔福崎の電車の約半分がなったからです。

電車の本数

姫路方面に向かう電車を上り電車。
和田山方面に向かう電車を下り電車と言っています。

出かける場合は、ある程度は電車の出発時間に合わせて、家を出て駅に行くので本数は余り気にしていないのが事実です。

しかし、帰りが問題です。
電車の時間に合わせて、駅に行くのが不可能となるので電車の本数が大きく関わります。
半分は途中の駅が終着駅となります。

田舎はん
田舎はん

友達は全ての電車で帰宅できますが、
僕は帰宅できない電車があるんダ!

使用車両【2020/07/07 Wikipedia参照】

寺 前 駅 ⇔ 姫 路 駅(電化区間)

  • 103系(3500番台)
  • 221系
  • 223系(ラッシュ時に221系の代走として走行しています)

和田山 駅 ⇔ 寺 前 駅(非電化区間・気動車)

田舎はん
田舎はん

もしかすると、珍しい車両なのかも?

車両の写真を撮りに、複数の人が来てたからネ!

播但線の欠点

欠点と言うものの、播但線を利用する人数も減っていると思うので仕方ないかもしれません。

使用する列車(電化区間)

田舎はん
田舎はん

僕が利用していて感じた事です。

結構な雨の中で電車に乗りましたが、雨漏りもありませんでした!
雨漏りなどを防ぐためか?ビニールシートやテープを窓に貼ってありました。

上に記述した事よりも、列車が揺れると社内の上にある空調設備?が不安定だったのが気になったので、ネジが緩いのかな?と思ったのだが固定する部分がワカリマセンでした。

寺前駅の駅員さんは何している?

田舎はん
田舎はん

僕は駆け込み乗車は出来るだけしないように、
発車時間の数分前には電車に乗るようにしてるんダ!
確実に座りたいダケだけどネ!!!

駆け込み乗車する人が時々います。
朝なので仕方ないでしょう。
寺前駅では、普通電車に乗るには跨線橋を渡るしかありません。
電車の車掌さんには、駆け込み乗車のために跨線橋を急いで渡る人が見えない構造になっています。
簡単にいうと、階段の向きが反対になっているので、車掌には見えません!
今日も、目の前でドアが閉まり列車が発進していました。
車掌に放送で知らせるか?改札を通さないか?駅員さんも何か行動すれば良いと思います。

まとめ

電車の本数が少ないので、他の路線の状況に時間が左右されることが多いです。
姫路駅での乗り継ぎを考慮して、姫路駅の発車が遅れることが多いです。
遅延証明書が無効な人にとっては、迷惑な話だと思いますネ!
駅での停車時間が長いので少しくらいならカバーできるようですが・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました