IT・システム 情報

【Search Console】「見つかりませんでした(404)」の内容と対処方法

田舎はん

WordPressでブログを書いています。
Search Consoleの「見つかりませんでした(404)」詳しい内容。
対応方法がわかりません。

この記事では、Search Consoleに表示される「見つかりませんでした(404)」の事を書きます。

この記事で書いている概要
  • 「見つかりませんでした(404)」の内容
  • 「見つかりませんでした(404)」の影響
  • 「見つかりませんでした(404)」の対処方法

Search Consoleの「見つかりませんでした(404)」の対応は、多くの場合で行う必要がありません。

「見つかりませんでした(404)」の内容

URLにアクセスしたとき、「ページが存在していない」又は「サーバーがダウンしている」ときに表示されるものです。

田舎はん

404(not found)で表示されることもあるようです。

404エラーに対して401エラーというのも存在します。

この2つの数字は似ているので勘違いしやすく思います。

しかし、401エラーは「アクセス権や認証」エラーで、意味がまったく異なるので気を付けて数字を見てください。

404エラーが発生する原因

  • URLが間違っている時
  • リンク先のページが削除されている時
  • 新しいURLへのリダイレクト設定ができていない時

原因として考えられるのが、上の3つです。

404エラーの影響

正直にいいます。

「見つかりませんでした(404)」があったとしてもSEO的には影響はなさそうです。

Googleが「そのままにしていてもSEOには影響」していないと公表しているので、表示順序が変わる事はありません。

404エラーの対処方法

リンクした先のページが無いの場合。

エラーの対処を行った方が良いです。

ページを削除しているのに、Search Consoleの「見つかりませんでした(404)」は無視するのが一番だと思います。

まとめ

Search Consoleの「見つかりませんでした(404)」は多くの場合、無視してかまいません。

削除したページのURLがSearch Consoleの「見つかりませんでした(404)」に表示されるのはよくあることです。

にゃんこ先生

一ヵ月程度で消えるからネ!

基本、無視することが出来るのはGoogleが「そのままにしていてもSEOには影響」していないと公表している影響です。

IT・システム 情報 WordPressでブログを作成するにあたって、困ったこと/躓いたこと/解決した方法などを公開していこうと思います。 公開しよう...