IT・システム 情報

【Search Console】「ページにリダイレクトがあります」の対処方法

現在のサイトもWordPressを利用して作成しています。

サイト名で検索すれば検索できる程度です。

要するにSEOについてはマダマダって事です。

SEOについては詳しくないからこそ、Google Search Consoleを見ました。

その結果、「ページにリダイレクトがあります」が複数件ありました。

なので、「ページにリダイレクトがあります」の調べました。

対応は複数あります。

  • プラグインを使用する方法
  • プラグインを使用しない方法
  • 仕方ないと思って諦める方法

WordPressを使用していれば、機能上の事でCearch Consoleで「ページにリダイレクトがあります」となるのは仕方ないようです。

どの方法をとるかは、お任せします。

Cearch Consoleで「ページにリダイレクトがあります」があったします。
基本的にいうと、SEOのペナルティは無いでしょう。
しかし、SEOの評価が下がる可能性はあります。

リダイレクトの事を知ろう

リダイレクトとは、サイトやページなどを新しいURLに変更した際、自動的に転送をする仕組みのことです。

田舎はん

イマイチよく解らないよ!

ふくろう先生

そんなに詳しく教えられないので、単純に言うから次の文章を読んで…

家を引っ越ししたとします。

引っ越し前の家は空き家になっていました。

その空き家に僕宛の手紙が届きました。

その郵便屋さんが僕の知人で、僕に手紙を送ってくれました。

ふくろう先生

こんな感じかな?

WordPressには自動補完リダイレクト機能という機能があります。

その機能が、Search Consoleで「ページにリダイレクトがあります」となる原因だと言われています。

自動補完リダイレクト機能

アクセスしたページが存在しなかた場合。

存在するページの中から「できるだけ近いURL」を選んで補完し、自動的に補完したページにリダイレクトする機能です。

自動補完リダイレクト機能をどう思う?

Search Consoleで「ページにリダイレクトがあります」となる原因かもしれません。

田舎はん

自動補完リダイレクト機能が選んだURLが、リダイレクトになったのでしょう。

Aさんが家を引っ越ししたとします。

引っ越し前の家は空き家になっていました。

その空き家に僕宛の手紙が届きました。

その郵便屋さんがAさんの知人で、Aさんに手紙を送ってくれました。

Aさんは知人に内緒で、引っ越しをしていました。

ふくろう先生

知人が気を使ってくれたけど、Aさんは引っ越ししてました。
WordPress = 知人って感じかな?

WordPressの「ナカナカ気の利く機能だと思います」し、
WordPress側も利用者に気を使ってくれているんダと思います。

もしかすると、お節介とも言えるかもしれません。

「ページにリダイレクトがあります」の影響

「リダイレクト」と聞くと、直さなきゃイケないと思う人もいるでしょう。

しかし、それ程申告に考える必要はありません。

有るのと無いのを比較すれば、無い方が良いと思います。

問題ないページなら問題ないでしょうし、大事なページなら新たに作るのも1つの方法です。

気になるのであれば、
プラグインを使用する方法/プラグインを使用しない方法あるので対応してください。

田舎はん

方法は、ネットで検索すれば複数ありました。
スミマセンが、検索してください。

まとめ

Google Search Consoleで「ページにリダイレクトがあります」についてです。

WordPressの自動補完リダイレクト機能が原因となるようです。

もともとエラーになる処を、WordPressが対応しようとした結果です。

Cearch Consoleで「ページにリダイレクトがあります」があったします。
SEOのペナルティは無く、SEOのいくらか評価が下がるかもしれませんが、難しい対応をすると考えた場合、このままで良いと判断しました。

プラグイン「Redirection」やfunctions.phpで対応することも可能なので検討してください。

IT・システム 情報 WordPressでブログを作成するにあたって、困ったこと/躓いたこと/解決した方法などを公開していこうと思います。 公開しよう...