バイク関連

原付バイクで利用する二段階右折の仕方を理解しよう

原付一種のバイクには「最高速度」「二段階右折」の原則があります。

この記事では「二段階右折」の方法を書きます。

原付一種のバイクを運転するなら方法を知っていて損はないでしょう。

原付一種のバイクに乗らないのであれば、この記事はパスして下さい。

「二段階右折」の標識は「二段階右折」「二段階右折禁止」の2つです。

交差点は大きく分けて、4つのパターンに分類されます。

「二段階右折禁止」の標識があれば「二段階右折」しなくてよいと覚えておけば良しだと思っておきましょう。

 

「二段階右折」とは

別名「フックターン」とも言います。

二段階右折とは、道路の交差点を一回の信号で右折するのではなく。

第一段階では、信号が青になったら右ウィンカーを出しながら道路の左車線を直進します。
その後、ウィンカーを消して、待機場所で車体の方向を変え信号待ちします。

第二段階では、信号が青になったら道路の左側を直進し交差点を渡ります。

自動車など一回の信号で右折することを「小回り」と言います。

 

「二段階右折」関係の標識

左側の標識が、「二段階右折」の標識です。

右側の標識が、「二段階右折禁止」の標識です。

 

3種類の交差点

交差点の種類としては、T字の交差点と十字の交差点があります。

「二段階右折」が必要/不要は車線数で決まります。
三車線以上の場合は「二段階右折」が必要。それ以外の場合は不要と2パターンあります。

「二段階右折禁止」の標識がある場合、標識の方が優先されるので標識の見逃しには気を付けてください。

 

交差点(T字交差点 その1)

交差点で終わる道を走行している場合。(T字の縦側の道です)

走行中の道が一車線/二車線の場合、「二段階右折」する必要ありません。

走行中の道が三車線以上の場合、「二段階右折」する必要があります。

「二段階右折」の基本動作なので、悩むことないと思います。

 

交差点(T字交差点 その2)

交差点で終わる道を走行している場合。(T字の横側の道です)

走行中の道が一車線/二車線の場合、「二段階右折」する必要ありません。

走行中の道が三車線以上の場合、「二段階右折」する必要があります。
待機場所がある場合は、「二段階右折」してください。

問題はココ!!!です。

普通の交差点と違って、待機場所が無い場合は「小回り」出来るそうです。
しかし、三車線ある道の左側の車線を走行しているのに「待機場所が無い」事を確認した後に右折するのは危ないので、その交差点での右折は諦めてください。

 

交差点(十字交差点)

交差点で終わる道を走行している場合。(T字の縦側の道です)

走行中の道が一車線/二車線の場合、「二段階右折」する必要ありません。

走行中の道が三車線以上の場合、「二段階右折」する必要があります。

T字交差点その1と同じく、
「二段階右折」の基本動作なので悩むことないと思います。

 

まとめ

基本的に原付バイクで走行する場合、標識の見逃しなどで「二段階右折」の必要/不要で悩むことがあります。

僕の場合、目的地近くの「二段階右折禁止」の標識を確認した交差点でよく右折しています。

迷子になることもあるけど、最近はスマホがあるから何とかなってます。

ワザと右折せずに小道で左折して、「二段階右折」を回避することもあります。

まっ!住んでる地域では「二段階右折」する道なんてないんですけどネ!

知っている地域なら、「二段階右折」しながら遠回りして行くのも一つの手です。

「二段階右折」に悩まされるのも原付一種の醍醐味だし、面白い所だと思います。

ABOUT ME
田舎はん
PG・SEの経験はあるが20年前の事。 インターネットの知識は素人なみだが、住んでいる地域、体調を考えてインターネットに挑戦します。 B型の就労支援事業所にも週に3日ほど通って作業しています。