原付情報 PR

【原付情報】「メンテナンス」洗車は第一歩!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

洗車はメンテナンスの初歩とも基本とも言われる作業です。

本体を水洗いしてワックスしてやるのが良いのかもしれません。しかし、100均で買った除菌クリーナーを使って原付の周りを拭いてキレイにするだけで十分です。クリーナーで抜けば埃や簡単な汚れは奇麗になるので十分です。

クリーナーで拭きながら「本体のキズ」「オイル漏れ」「タイヤの状態」この3つは確認することをおススメします。

自分に修理する技術がないので、専門の人にお願いします。

洗車する事で前回との違いに気づき、早く異常に気づくことが出来ます。メンテナンスでは異常に気づくことがの第一歩だと考えてください。

状態によってシートの洗車方法は変わる

「シートが破れている場合」と「シートが破れていない場合」です。

シートが破れていない場合

はじめに言っておきますが、シートって結構汚れています。

専用のシートクリーナーを使うのがおススメです。作業は、シートに泡状のクリーナーを吹きかけ数分後に拭き取れば終わりです。

メラニンスポンジを使用する方法も聞きました。メラニンスポンジって細かい繊維なので奇麗になるのは納得できるのですが、シートにキズ付けないのかな?と少し不安です。

除菌クリーナーで拭くだけでは簡単な汚れを取るだけだと聞いています。

シートが破れている場合

ガムテープやビニールテープで修正されている場合もこの状態です。中のスポンジが濡れないように水洗いしたタオルをよく絞って軽めに拭く程度でしょう。

シートが破れているなら、シートの交換や張替えを行うのがおススメだと思います。

ガムテープやビニールテープで修正するよりも、専用のゴム付きカバーを利用するのもおススメだと思います。

シート以外の洗車方法

基本としては、水洗いでバイクを奇麗にしてあげるのが一番でしょう。

スクーターのフットスペースは小石や土で汚れています。
流石に小石は取りにくかった!

小石を取り除けば、水洗いで十分奇麗になりました。

メッキ部分など他の部分も水洗いダケ行いました。

樹脂パーツ

インターネットで調べると、白くなった樹脂パーツを黒く蘇らせる方法があります。

それらの方法を試した経験がないので、何にも言えないのが現状です。

田舎はん

愛車としているYAMAHAのJOGには5~6年ほど乗っています。
樹脂パーツが白いなど特に気にならないので何の対策もしていません。

樹脂パーツが白くなる理由として、直射日光(温度変化)や雨・風などによる経年劣化だそうです。

愛車に乗らない時は、小屋に入れるようにしているので経年劣化が遅れているのだと思っています。

まとめ

洗車はメンテナンスの初歩とも基本とも言われる作業です。

その理由は、洗車する事で普段見ないを部分を見ることが出来ます。そして、前回との違いに気づき異常を見つける事ができるかもしれません。結果、車体やタイヤのキズが見つかる可能性があります。

メンテナンスとはいうものの、自分の出来る範囲のことをすれば良いです。エンジンの事なんて全くワカラナイ人がエンジンの修理をしても壊すダケです。(挑戦する事が悪い事だと言っているのではありません)

出来るダケ早く壊れた部分を見るけ、修理すれば良いです。メンテナンスの第一歩である洗車する事で、早く壊れた部分を見る可能性が上がります。