バイク関連

エンジンそれともモーター?どっちの原付バイクを選ぶ

現在、原付一種で主流となっているのはガソリンエンジンです。

エンジンに変わって、モーターで動くスクーターも見るようになりました。

見るようになったと言っても、実際に見たことがありません。

宣伝などで見た程度です。

 

ガソリンエンジンが出来て半世紀は十分に経過しています。
その間に開発され技術も進歩しているハズです。

その結果、燃費/速度の性能はカナリ良くなっています。

電動モーターを考えてみます。
電動のスクーターが出来てきた程度です。

現段階では、燃費/速度共に性能は物足りない感じだと聞いています。

調べてみないとワカリマセンが、電動バイクの車体価格が安くなる補助金があると聴きます。

その補助金を除いた場合。
電動バイクでは燃費/速度の性能に物足りなさがあります。
しかし、本体価格はエンジンのバイクよりも高額です。

現段階では、モーターではなくガソリンエンジンを選びます。

あくまで現段階です。
ガソリンエンジンで既に行われているので、モーターの技術進歩は速いと思っています。
補助金などを考えた場合、数年後には電気モーターを選んでいるかもしれません。

もしかすると、電動モーターの原付バイクしか選べないようになっているかもしれませんが…

 

はじめに

この記事を書くのに、YAMAHAのE-Vinoを参考にしました。

YAMAHAのE-Vinoを参考にしましたが、電動バイクは他にも沢山あります。

 

電動バイクの良い所

電動バイクの良い所は、↓に書いた2つです。

  1. 排ガス規制にかからない事。
  2. 次に車体が軽い事。

 

電動バイクの悪い所

電動バイクの悪い所は、↓に書いた3つです。

  1. 燃費が悪い事。
  2. 速度が遅い事。
  3. 価格が高額な事。

 

燃費が悪い

参考にしたYAMAHAのE-Vinoは、メーカーの発表では充電一回で29kmだそうです。

使用する人が乗る距離によると思います。

休日だと一日で29kmでは足りないと思います。

田舎だと買い物で店に行くのに、車で30分程度はかかるからなぁ~

充電一回での走行距離を考えると、幾つバッテリーを準備しておかないとイケないんだろう?

電池残量が少ないときなど、モーターへの電流出力を制限する際にカメマークの点灯。

 

速度が遅い事

参考にしたYAMAHAのE-Vinoには「モード」と「BOOST(ブースト)」があるようです。

他の電動バイクには、この様な機能が付いていないハズです。

「モード」には、「標準モード」と「パワーモード」があります。
「標準モード」では、最高速度が30km/h程度。
「パワーモード」では、最高速度が40km/h程度。

右ハンドルにあるスイッチが「BOOST(ブースト)」だそうです。
スイッチを押下すると30秒間、作動しランプが点灯しパワーアップするそうだが、電力の減りが速いので使いすぎには注意が必要そうです。

 

価格が高額

段々と新車が電動バイクのみとなった場合、比較するのは不可となります。

なので高額だと感じるのは今ダケなのかもしれませんし、技術が進歩すれば価格も下がってくると思っています。

 

まとめ

「良い所」と「悪い所」を書いたのは僕自身です。
読者さんが「悪い所」を見て、なんとも思わないのなら僕自身の間違いだと思ってください。

 

一回の充電で29kmで僕は燃費が悪いとしました。
僕だと、毎日充電しないとイケないと思いましたからです。

しかし、一日4kmなら一週間(7日間)は乗れるので気にしないかもしれません。

決める人次第だと考えてください。

ABOUT ME
田舎はん
PG・SEの経験はあるが20年前の事。 インターネットの知識は素人なみだが、住んでいる地域、体調を考えてインターネットに挑戦します。 B型の就労支援事業所にも週に3日ほど通って作業しています。