カスタマイズ-詳細説明 PR

【原付スクーター】ヘルメット!種類の選び方

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

道路交通法第七十一条でヘルメットの着用は義務化されています。

結果、原付スクーターに乗る場合はヘルメットは絶対です。

ヘルメットにも複数(フルフェイス・ジェットヘルメット・半ヘルなど)の種類があります。基本的には自分の好みで良いです。

ヘルメットを選ぶ場合、大事なのは何を重要視するか?です。

重要視するのは
  1. 安全性
  2. 見た目
  3. 価格
  4. 天候

上記の4つです。

「安全性」と「価格」を考えた場合。
フルフェイス > (シールド付き)ジェット  > 半帽ヘルメット

「気軽さ」と「スタイル」を考えた場合。
半帽ヘルメット > (シールド付き)ジェット > フルフェイス

雨の日に半ヘルでは、雨に当たると痛く。
原付スクーターでフルフェイスは大げさに考える人がいるのは確かです。

田舎はん

↑のように評価します。

理由は後で説明しますが、原付バイクに乗るなら(シールド付き)ジェットヘルメットとおススメします。

ヘルメットの役目

ヘルメットの役目を簡単に言うと頭部を守ることです。もしバイクで転倒したとします。頭部を強打した場合に、役にたってくれます。

「半帽ヘルメット」をおススメしない理由

「半帽ヘルメット」って、気軽に利用できるので楽です。

他の種類のヘルメットと比較すると、価格も安いですから手軽に購入しやすいです。

メリットだけを考えると、「半帽ヘルメット」のイチオシとなります。

デメリットを考えていきましょう。

安全性を考える

「半帽ヘルメット」では、顔や後頭部を守ることができません。

田舎はん

田舎でバイクに乗っていると、
虫がよくヘルメットのシールドに当たるんです。

ふくろう先生

「半帽ヘルメット」+「ゴーグル」でも運転は大丈夫!

にゃんこ先生

「シールド」は顔を守るけど、 「ゴーグル」は目だけだから不安です!!!

季節を考える

冬の寒い時期に原付に乗ると、本当に寒いんです。

「半帽ヘルメット」では、顔に風が当たり放題です。

田舎はん

暑さ対策では「半帽ヘルメット」が最適だけど、
寒さ対策では「半帽ヘルメット」は寒いでしょう。

安全性重視するならフルフェイス

一番に安全性を考えた場合、フルフェイスのヘルメットになります。

しかし、原付バイク(50cc以下)でソコまで危険な運転をするとも考えにくいので、
夏の暑い場面での通気性を考えてしまいます。

おススメは(シールド付き)ジェットヘルメット

『フルフェイス』『(シールド付き)ジェットヘルメット』『半帽ヘルメット』を安全性・価格・気軽さ・スタイルで比較すると、全ての面で2番を獲得できる『(シールド付き)ジェットヘルメット』がおススメです。

二番なので、上の一番となるヘルメットは存在します。

例えば、安全性では『フルフェイス』に劣る『(シールド付き)ジェットヘルメット』ですが、気軽さでは上をいくのです。

原付バイク(50cc以下)という事などを考慮した場合、
間をとって『(シールド付き)ジェットヘルメット』がおススメだと判断します。

まとめ

道路交通法第七十一条で、ヘルメットの着用は義務化されています。
道路交通法は良いとして、ヘルメットの義務化は知っています。

利用するバイクのサイズによってヘルメットを決めれば、安全性はとにかくですが義務を果たせていると思います。

ヘルメットの種類は複数ありますが、ここではフルフェイス・(シールド付き)ジェットヘルメット・半帽ヘルメットの3種類のヘルメットで考えます。

「安全性」と「価格」を考えた場合。
フルフェイス > (シールド付き)ジェットヘルメット > 半帽ヘルメット

「気軽さ」と「スタイル」を考えた場合。
半帽ヘルメット > (シールド付き)ジェットヘルメット > フルフェイス

田舎はん

↑のように評価します。

ヘルメットは自分の好みで良いと思います。
そして、季節・価格・乗る場所にも相談してヘルメットは選ぶ事をおススメします。

原付一種、原付二種に乗るのであれば、個人的には『(シールド付き)ジェットヘルメット』おススメします。

田舎はん

手軽にホームセンターで購入した、
125cc以下用バイクのヘルメットを使っています。

使用する個人で決めれば良いと思います。

【原付スクーター】ヘルメット!乗車用と工事用・道路交通法を知ろう この記事では、ヘルメットの事について記述しています。 この記事では、下記の3つ人達を対象に記述しています。 バイクの好...