バイク関連

原付免許の取り方と勉強方法

田舎はん
田舎はん
住んでいるのが兵庫県なので、
兵庫県での免許取得方法です。

基本的には各都道府県同じような感じだと思いますので、参考にしてください。

原付免許の取得を考えている人は読んでください。

「原付免許」で乗れるバイクは決まっています。

世間では原付と呼ばれているバイクです。

最初に言っておきます。

原付一種(50㏄以下)と原付二種【乙(51~90cc)、甲(91~125cc)】があります。

「原付免許」で乗れるバイクは原付一種のバイクです。

原付二種のバイクに乗るには、「小型限定普通二輪免許」が必要です。

ちなみに、原付免許にはMT/ATはありません。

原付免許を取得するのは簡単で、条件としては16歳以上です。

ふくろう先生
ふくろう先生
『てんかん』などの症状がある場合、医師の診断書が必要となる可能性あるので医師や警察と相談してください

免許取得するのには、自動車教習所での技術試験と運転免許センターでの学科試験です。

免許を取得するのに、二日間と考えれば良いと思います。

条件としては16歳以上って事で、免許の取得も手軽にできます。

原付免許の教習所での技術試験

基本的に簡単です。

服装は長袖/長ズボンにしましょう。
靴は動きやすくハイヒール、サンダル、下駄はヤメておきましょう。スニーカーが良いと思います。

ヘルメットや手袋は無料で貸してくれましたが、教習所によっては有料のようです。

利用する教習所の支持に従うのが良いと思います。

技術試験は、ビデオを見たりスクーターに乗って乗り方などを教えてもらうだけなので余裕でしょう。

運転免許センターでの学科試験

筆記テストを行うの前に必要事項を多く、書類の記入や受付など時間がかかります。

なので、運転免許センターへは一時間は余裕も見ていった方が良いでしょう。

ちなみに、試験場で必要なものや情報をこちらを見てください。
(兵庫県の交通関係をリンクしていますが、都道府県で受付時間など異なるので各自で調べてください)

学科試験は結構難しい

学科試験は、○×の2択問題でマークシート形式。

2択なので勘で選択したとしても、確率的に50%は正解となるハズです。

問題には引っ掛け問題もあります。

問題自身はあまり難しいとは思いませんが、数個の間違いで悲惨な目にあうことがあります。

しっかり問題を読んで、すぐに問題が解けない場合は後回しにします。

しっかり問題を読んで、すぐに問題が解けた場合は問題を解いていくのがおススメです。

交通標識の問題が1~2問はあるので、点数を確実に獲得するためには覚えておくのがおススメです。
(確実に取れる点は取りましょう)

学科試験の勉強方法

問題のある原付試験用の本を1冊用意するのがおススメです。


交通標識は必ず覚えてください!

当然、用意した本を理解し本の問題にチャレンジしてみましょう。

ゲンチャレと言われる問題にも何回か挑戦してください。

問題の数をこなせば、引っ掛け問題にも慣れるハズです。

試験に落ちた場合

先に言っておきますが、次回の学科試験ではプレッシャーがあります。

勉強しなおして、出来るだけ問題を解いていくダケでしょう。

次の学科試験を急かず、確実に取れる点は取るようにして、数回ゲンチャレに挑戦して自身を付けた後に試験に臨むのをおススメします。

まとめ

学科試験後、合否の発表まで長時間かかります。
なので、その時間潰しの準備も必要です。

合格した場合は「おめでとうございます」
不合格だった場合は「次回、慌てずに勉強し直しましょう」

ABOUT ME
田舎はん
PG・SEの経験はあるが20年前の事。 インターネットの知識は素人なみだが、住んでいる地域、体調を考えてインターネットに挑戦します。 B型の就労支援事業所にも週に3日ほど通って作業しています。