バイク関連

【原付情報】原付のメリットとデメリット

気軽に… 手軽に… 乗れる利用できる原付。
その原付にも、長所(メリット)と短所(デメリット)があります。

短所(デメリット)は、高速道路などの自動車専用道路では利用不可という事です。
他には、「30km/h制限」「二段階右折」の二つが考えられます。

長所(メリット)は、何といっても手軽さでしょう。
普通自動車免許があれば原付も運転可能です。
他には、燃費と税金。そして車体価格が安いので金銭的なことでしょう。

田舎はん

「原付一筋!」な~んてネ!機会とお金。
そして気持ちがあれば「自動車」や「バイク」などの免許を取りたいと思ってます。

田舎はん

昔、精神障害で免許取消になっています。
ナカナカ、免許を取得の行動がおこせないのが現状です。

デメリット

原付のデメリットは走行制限です。
簡単にいうと「二段階右折」と「30km/h制限」の2つです。

二段階右折

「二段階右折」という言葉は、聞いたことがある人は多いでしょう。

「二段階右折」しないといけない条件は、

  • 三車線以上の時
  • 二段階右折禁止の標識がない時

「二段階右折」は知ってるけど、詳しく知らない人は、下の記事を読んで下さい。

猫ちゃん

三車線の道路なんてあったかな?

にゃんこ先生

住んでいる地域では、 三車線の道路はありません!
近所では「二段階右折」する道はありません!

田舎はん

私用で遠出した時には、三車線の道路を走行しました。
右折せずに、左折のみで目的地に行きました。

わんこ先生

スゴイ遠回りになったんじゃない!

田舎はん

「二段階右折禁止」の標識が交差点の手前にあることが多くて、
急に車線変更できなかったのもあって、左折のみで対応しました。

ふくろう先生

知らない道は運転が難しいよ!
まずは事故らなかったんだから良いんじゃない。

「二段階右折」は知ってるけど、詳しく知らない人は、下の記事を読んで下さい。

30km/h制限

原付のアクセルを軽く捻ると軽く30km/hをオーバーしてしまいます。
下りの坂道では、気が付くと40~50km/hなんてスピードが出てます。

なので、スピードメーターは常に確認が必要です。

メリット

原付のメリットはコスト面と手軽さでしょう。

コスト面

燃費はカタログ値(30km/h)で60~70km/Lですからカナリ良いと言えます。
カタログ値は30km/hで走行して計測するので、実際に走行した時とは異なるのは間違いないです。

自動車税も原付一種だと2,000円。
自動車だと最低でも29,500円なので、カナリお得です。

区分排気量軽自動車税(1年間)
原動機付自転車(第一種)50cc以下2,000円
原動機付自転車(第二種)50cc超~90cc以下2,000円
原動機付自転車(第二種)90cc超~125cc以下2,400円
二輪の軽自動車125cc超~250cc以下3,600円
二輪の小型自動車(車検対象車両)250cc超~6,000円

手軽さ

これが一番のメリットかもしれません。
自動二輪車免許がなくても、普通自動車免許があれば原付に乗ることができます。
もしも、普通自動車免許がなくても原付免許は簡単に取得できます。

なので、簡単に原付を利用することができます。

本体価格の安さ

新車でもスクーターなら10万~25万円あれば購入することが出来ます。
ミッションのバイクでも20万~35万円で購入することが出来ます。

価格も人気や売れ行きによって変わると思います。

中古なら更に安く購入できる可能性があります。

田舎はん

僕の乗っているジョグは60,000円だったんだよ!
僕自身が10,000Kmは乗ってるのでカナリお得だったと思ってます。

まとめ

原付は好きです。
しかし、デメリットもあるのが本音です。
メリットとデメリットを天秤にかけて、自分のとる行動を決めましょう。

原付 MAIN情報 住んでいる地域では、電車・バス・タクシーなどの交通方法もありますが、それらを利用するダケでは「不便」の一言です。 その結果とし...