原付情報 PR

【原付情報】「原付一種ルール」最高時速30キロ

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

理由は置いておきますが、原付一種の最高速度は時速30キロです。

スクーターを乗っている時、気が付くと最高速度を超えているなんてことはよくあります。

田舎はん

友人はスピード違反で捕まった時に、
「時速30キロ以上スピードが出なくしてくれたら良いのに!」
と言いながら怒ってました。

ふくろう先生

原付一種は、60キロ以上のスピードが出ないようにリミッターで制限してるからなぁ~。

時速30キロなんて、軽くアクセスを捻ればスピードオーバーしちゃいます。

田舎はん

田舎の道は広くて安全だと言われた経験がありますが、都会の道の方が原付に乗り安かったです。

田舎と都会の道路を比較すると、車線は都会の方が多いです。車の数も都会の方が多いです。何故、田舎の道路の方が乗りにくいかです。

トラック等の大型車が40キロ制限でも、70キロ程度の速度で平気で走行しています。
昼間の車数が少ない時間帯ならば、距離を空けて追い越してくれますが、朝夕の車数が多い時間帯は別です。反対車線には車が居るので使えないので、一車線内で追い抜いていきます。

その点、都会の道は標識程度のスピードなので「安全」だと思います。

最高速度が30km/h

原付一種の最高速度が30km/hと決まっているのは面倒です。
一般道の法定最高速度は60km/hだが、法定最高速度を守っている自動車をあまり見ないのが本音です。

原付一種のバイクが時速30キロで走行した場合と時速40キロ走行した場合で事故でケガする確率が差があるそうです。

時速30キロを超えたくらいから事故でケガする度合いが上がっているのも確かです。
その結果、事故を起こす確率の低い時速30キロで制限されているそうです。

田舎はん

僕は遅く走行するのは怖いです。
住んでいる地域では、一般道を自動車がカナリのスピードで走行しているから抜かれるのが怖いです。

ふくろう先生

原付は白バイの点数稼ぎになってるから我慢するしかないでしょう。

走行中の怖い力

スクーターに乗っていて怖い思いをしたことが数回あります。

自然の力

「自然の力」には勝てないってのが本音です。
スクーターの運転中の強い風は怖いです。
前や後からの風は、身体に当たる風の強さや速度が変わっても自分で対処できるので苦には思っていません。

問題は横からの風です。
常に強風が吹くのであれば、ハンドルを握りしめて対応します。

怖いのは急に強風が吹くときです。
ハンドルを握りしめているワケでもないので、走行中の風にバランスを崩しそうになってしまうので急な風には気を付けましょう。

人間の力

「自然の力」には逆らえないので仕方ないと思います。

トラックやバスで横を通過する時に、スクーターの事なんて考えていないとよく思います。
道幅があっても、お構い無しで走行するので横を通る時に風などが本当に怖いです。

交差点で巻き込まれそうに何度もなった経験があります。

走行中の危険を回避する

事故は多数ありますが、状況には2パターンあると考えています。

一つ目が、事故にあった(被害者)側になるパターンです。
もう一つが、事故した(加害者)側のパターンです。

どちらも側になっても事故にあうのは嫌です。

加害者にならない為

安全運転していれば基本的には大丈夫です。

田舎はん

天気の悪い日(雨が降ったり・風が強い・など)には、
できるだけスクーターに乗らないようにしています。

田舎はん

サイクリングしている自転車を追い越す時は、
追い越して十分なスペースを取ってから左側によるようにしています。
(事故りたくないですから…)

被害者にならない為

スクーターの最高速度30km/hを守って左側によっていれば、基本的に自転車はスペースを開けて追い越していきます。

状況によっては、ナカナカ追い越してくれない自動車もいます。
(道幅が狭い時。カーブが多い時。自動車が大きい時)

もしかすると、自動車を運転する人にもよるかもしれません。

スクーターを停めれるスペースがある時は、
スクーターを停めて自動車に先に行ってもらうようにしています。

スクーターを停めれるスペースがない時は、
自動車が抜きやすい道でスピードを30~40km/hで走行しています。

田舎はん

自動車に後ろ側に着かれた時には、先に行かせるようにしています。

まとめ

リミッターを解除すれば、スピードは出るハズです。
しかし、50ccのエンジンで意地を張っても原付のエンジンに無理をさせて可哀想なだけです。

あくまで、原付一種のバイクなのでムリせずに走行するのが一番良いと思います。

田舎はん

エンジンの音が変わるスピードがあるので、バイクにムリさせない程度に楽しく乗れれば良いんじゃない!

原付はエンジンのある乗り物で最も小さく弱いです。
他の乗り物には先に行ってもらうのが良いでしょう。