スクーター情報 PR

【原付スクーター】燃料!ガソリンと電気。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

原付スクーターの燃料はどうかるかを考えた場合、電気が増えていく可能性の方が高いと考えています。しかし、期間がかかると思っています。

電動スクーターの多くが一回の充電で約40キロ。多分ですが、原付の場合は生活の交通手段として使用されている場合が多いと思います。なので、約40キロの走行距離があれば十分です。

しかし、走行距離が約40キロでは足りない時があるハズ!問題はその時です。

田舎はん

普段の利用では、約40キロの走行距離で十分の距離です。しかし、遠出した場合、絶対に約40キロの走行距離では足りません。

ガソリンの場合、ガソリンスタンドに行けば約10分で燃料の補給と支払いが完了します。しかし、電気の場合、バッテリーの充電に数時間かかります。なので予備のバッテリーを持っておくのが必要となります。

  • バッテリーの充電が10分程度で出来るようになる
  • 高額な電動バイクのバッテリーが低価格になる
  • 高額な電動バイクのバッテリーが小さくなる

上記の内、1つが成り立てば電動を選ぶ人が増えます。
しかし、新車が全て電化されたとしても中古車もあるのでガソリンの時代はマダマダ続きます。

電気の時代

  • (充電場所が増え)バッテリーの充電が10分程度で出来るようになる
  • 高額な電動バイクのバッテリーが低価格になる
  • 高額な電動バイクのバッテリーが小さくなる
  • 電気の値段が安価になる
  • バッテリーに変わる手軽な商品を開発する

1つが成り立てば電動を選ぶ人が増えると考えています。

その中でも「(充電場所が増え)バッテリーの充電が10分程度で出来るようになる」の条件が最も電化に進みそうです。

電気のメリットは4つ

メリットは4つあります。

  1. 音(ガソリンエンジンと比較した場合、非常の静か)
  2. 環境(排気ガスも出ないので、排ガス規制に強い)
  3. コスト(ガソリンと電気を比較すると、3分の1のコストだと言われています)
  4. 乗り心地(走行中の振動が少なく、乗り心地は快適です)

上記を簡単に説明します。

電気のデメリットは2つ

デメリットは2つあります。

  1. 走行距離(一回の充電での走行距離が40~100km程度)
  2. 充電に時間が必要(一回の充電に数時間必要)

電気のまとめ

利用する範囲が、一回の充電での走行距離内ならば文句はありません。走行距離が一回の充電で足りないのであれば、「予備のバッテリーを持つ」「充電する」「新たに開発する」の方法は3つあります。

予備のバッテリーを持つならば、

  • バッテリーの値段を安くする
  • (充電する電気量を変えず)バッテリーを小さくする

充電するならば、充電時間を短くする。

新たに開発するのは、バッテリーの代わりに手軽に手に入る乾電池に似た商品を開発する。

田舎はん

言うのは簡単だけど、難しいよなぁ~~~。
でもバッテリーは高額だからなぁ~~~。

ガソリンの時代

昔から現在は、ガソリンの時代だと考えています。

しかし、2025年の排ガス規制で「原付新基準」が出来ました。
新しい排ガス規制があった場合、「原付二種にも新基準」なるものができるかもしれません。

排ガス規制や二酸化炭素の問題によって今後の流れが左右されます。しかし、原付一種のバイクは2025年に生産中止されますが、中古車は残ります。

法律で中古車もダメにならない限り、ガソリンの時代に終わりはありません。

ガソリンのメリットは2つ

正直にいってしまうと、電気の逆でメリットは2つです。

  1. 走行距離(満タンの場合、電動の2倍程度の距離が走行可能)
  2. ガソリンの補充時間(ガソリンスタンドで数分で補充できる)

ガソリンのデメリットは4つ

デメリットは4つあります。

  1. 音(ガソリンを燃焼させるので音がうるさい)
  2. 環境(ガソリンを燃焼させるので排気ガスも出る)
  3. コスト(電気を比較すると、約3倍のコストが必要です)
  4. 乗り心地(エンジンの振動がある)

上記を簡単に説明します。

ガソリンのまとめ

モーターよりもガソリンエンジンは好きです。理由は単純に現在はガソリンエンジンの方が多く、慣れているのもあります。

田舎はん

僕のスクーターは2スト。
4ストと比較すると、うるさく感じるんだよ。
そこが好きなんだけどネ!

まとめ

バッテリーや電気は良くなり電気の時代が来たとしても、ガソリンの時代はマダマダ続きます。

電気の時代が来て新車が全て電化したとしても、中古車のエンジンがガソリンを使用します。世界にあるガソリンエンジンが全て無くならない限りガソリンの時代は続くと考えます。

電化が進まない原因には下の3点を考慮します。

  • バッテリーの充電時間、充電場所の普及
  • バッテリーが高額
  • バッテリーの大きさ

電気スクーターは1回の充電で40~100Kmです。家の近くでの利用ならば十分です。しかし、長距離では不向きです。3点とも攻略できれば電化は進むと思います。1点でも電化は進むと思います。

1回の充電での走行距離は伸びると思うが、不安は充電が無くなった時です。この不安が無くなった時に電気の時代がくるでしょう。

理想の世界

電化が進むイメージは2つあるので記述します。

  • 乾電池のような商品ができる。
  • ガソリンスタンドでレンタル料を支払ってバッテリー交換できる。

バッテリーの電気が無くなった時の対応・対策による考えています。

田舎はん

USBで充電できて、原付スクーターに太陽光発電が付くかも?