原付情報 PR

【原付情報】「服装」靴は動きやすく水に強い品がおススメ

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

この記事では、AT限定の原付に対した記事を書いています。

「靴」と一言で言っても複数の種類があります。長靴・ハイヒール・運動靴・サンダル等あります。簡単に書いただけでも4種類ありました。

この記事はAT限定の原付を対象としているので、特に靴は問題ないでしょう。しかし、足を地面に付けるときは必ずあります。

サンダルや踵の高いハイヒールはおススメしません。
都道府県ごとに異なるものの、道路交通法第70条で、ブレーキやその他の装置を確実に操作できる状態で運転することを義務付けているためです。

サンダルでも安全に走行するための適切な運転操作・状況判断に支障をきたすと判断された場合には「安全運転義務違反」となります。

踵を固定するベルトがない靴・足にフィットしない靴はNGと考えてください。詳細は都道府県ごとに異なるので、居住地の道路交通規則・道路交通法施行細則を確認してください。

AT限定の原付って何?

原付一種にはAT限定免許は存在しません。しかし、スクーターやスーパーカブ等のクラッチの無いバイクを対象です。

違反点数・反則金

履いている靴がサンダルや下駄、ヒールの高い靴などの場合。「公安委員会遵守事項違反」になる可能性があります。(「公安委員会遵守事項違反」は都道府県ごとに異なるので詳細を知りたい場合は各自で調べてください)

公安委員会遵守事項違反」の場合、違反点数0点、反則金5,000円となります。

道路交通法第70条で、ブレーキやその他の装置を確実に操作できる状態で運転することを義務付けているためです。「安全運転義務違反」となる可能性もあります。

上記の場合。違反点数2点、反則金6,000円となります。

事故・事故の原因

  • サンダルや下駄などを履いている時に事故をしてしまった。
  • 履いていたものが脱げて、事故原因になってしまった。

上記のような場合、別途、刑事上・民事上の責任を負うことになります。

素足での運転

靴を履き替えるのが面倒だと思う人の中には、素足で運転すれば大丈夫!と考える人もいるでしょう。

素足で運転することは交通違反ではありませんが、安全運転義務違反になる可能性があります。

スクーターの運転でギアチェンジがありませんが、停止時には地面に足を付けるのでおススメはしません。

おススメの履物

「運動靴」とイチオシしたい処ですが、雨の日だと靴が濡れるのでイチオシとは言えません。

おススメの品

  • 運動靴
  • 革靴
  • レインシューズ
  • 防水スプレー

下におススメの品を紹介していますが、運動靴・革靴・レインシューズ・防水スプレーを一品づつ紹介しているダケなので、読者さん自身で自分にあった品を探すのをおススメです。

まとめ

都道府県ごとに設定が異なる「公安委員会遵守事項違反」、そして「安全運転義務違反」もあるので、何処でも違反とならない履物がベストです。

雨の日に人の目を気にしないならば、長靴を履くのがベストです。
しかし、人の目を気にするならば、レインシューズがおススメです。

運動靴に防水スプレーをかけて撥水するのもおススメです。

どのような靴で運転しているかは、自動車の場合はワカリマセン。
しかし、バイクの場合は他人から靴が丸見えになります。簡単に言えば、「違反」で捕まえやすいということです。

田舎はん

レインシューズがおススメです。普通の靴と気づかない品もあります。