原付情報 PR

【原付情報】「自主返納後」免許を取得できます

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

免許を自主返納した後、免許が必要になった人も多いハズです。免許を自主返納した後でも免許を取得するのは可能です。

この記事では「自主返納後に免許を取得する」事を書く予定ですが、違反で取消処分となった場合は、取消処分違反者講習を受講することで「取消処分者講習受講修了証」が交付されるので運転免許取得資格が与えられます。その後、免許取得してください。

話が外れたので元に戻します。

自主返納した場合も、免許取得にかかったお金は自己負担となります。

田舎はん

僕は病気で免許更新時に免許取消になりました。
免許取得時には、お医者さんに診断書を書いてもらいました。

自動車や大きなバイクに乗れた方が良いでしょう。しかし、自分が免許を取得した時と金額を比較すると1.5~3倍もします。

一度は免許の自主返納を考えたのであれば、「原付免許」を考えるのはコスト的におススメします。多分、住んでいる地域での移動なので原付で十分だと思います。

テレビでよく聞く「ブレーキとアクセルの間違い」ですが、原付の場合はバランスも必要なので運転が怖くなると思います。

田舎はん

あくまで僕自身が思うダケの事です。

自動車自身も高額!それと比較すれば原付はカナリ安上がりです。

メリット

  • 近距離での移動手段が確保できる。
  • 低コストで手段が確保できる。
  • 免許の自主返納をする時が自覚できる。

デメリット

  • 再度、免許を取得しなければイケない。
  • 環境(暑さ/寒さ/雨/雪)の対応が必要。

自主返納した後でも取得可能

自分で免許を自主返納した後でも免許の取得が可能です。
違反で免許取消となった場合や病気で免許取消となった場合は、運転免許取得資格を取得してください。

田舎はん

違反の場合は、取消処分違反者講習を受講してください。
病気の場合、今では3年以内に病気が回復すれば学科試験と技能試験が免除されます。

自主返納後に原付を薦める理由

薦める理由は単純に原付が好きだからダケです。

「自主返納」する前に原付バイクに乗るのもおススメだと思っています。その理由は既に免許があるのだから免許を取得するお金も時間も使わなくてすみますから…

田舎はん

バイクをレンタルしたり、中古バイクを購入するのもおススメ!
一度、乗ってみて試すのも一興だと思います。

選ぶのは自由

原付を薦めましたが、何を選ぶのかはお任せします。
私なら、気を失った時でも進む自動車/気を失ったら多分転倒するバイク。他人をケガさせる可能性よりも自分がケガする可能性をとるでしょう。

田舎はん

ケガをしたのが自分の起こした事故なら仕方ないけど、人にケガさせられたら「何で痛い目に合わなアカンねん!」って僕なら怒るよ!

まとめ

一度は自主返納を考えたということは、他人にケガさせたくないと考えたからだと思います。中には、免許が不要だと思った人もいるでしょう。

免許が不要だと思った人は置いておきます。

コスト/自主返納する自覚を得るのに原付バイクに乗ってみると理解できるます。

自覚すことで自主返納をしたことに対する後悔はなくなりますし、判断基準に原付バイクを利用するもの良いと思います。

勉強は必要かもしれませんが、「原付免許」なら安くておススメです。