バイク関連

【原付情報】「保険」自賠責保険(強制保険)

自賠責保険の加入は義務となっているので「強制保険」と言われるとよく言われます。

原付バイクに乗っているであれば、自賠責保険に加入しているハズです。
(自賠責保険に加入されていない原付バイクに乗っている場合、無保険運転で違法となるので気を付けましょう。)

この記事で解るのは、自賠責保険の料金や手続きです。

自賠責保険の料金

原付一種と原付二種ともに125cc以下なので、同じ扱いとなります。

 60ヵ月48ヵ月36ヵ月24ヵ月12ヵ月
原付(125cc以下)13,980円12,300円10,590円8,850円7,070円
田舎はん

今のスクーターに何年乗っているかを考えて契約期間を決めるのも良し!
金額で契約期間を決めるのも良し!
だと思います。

田舎はん

1年で支払う値段を考えると、長期間し方がお得です!

自賠責保険の契約方法

原付バイクに限定しているので、自賠責保険を扱う保険会社の営業所や支店/バイクの販売店/郵便局(※①)。そして最近ではインターネットやコンビニ(※②)も手続き可能です。

※① 自賠責保険を取り扱っていない局も一部あります。
※② 一部の保険会社や組合では可能になっています。

自賠責保険の更新日

原付バイクには車検がありません。

車検があれば同時期に自賠責保険の更新する人が多いのですが、原付には車検が無いので更新日を忘れる事があるかもしれません。

なので、原付バイクには「保険標章というステッカー」が発行されます。

その「保険標章というステッカー」をナンバープレートの左上に貼り付けます。

一般的に、バイク購入時に購入したバイク店などの販売側が自賠責加入の手続きもしてもらえるハズです。

自賠責保険の更新に必要な書類

必要な書類は二つ

  1. 標識交付証明書(原付)
  2. 現在契約している自賠責保険証明書

更新でなく、新規で加入する場合。
2の「現在契約している自賠責保険証明書」は必要ないと思います。

だって、契約してないのに準備できるハズありませんからネ!

自賠責保険に加入していない場合

自賠責保険(共済)に入っていなければ運転することはNGとなります。
「強制保険」と言われている理由です。

事故をした場合

自賠責保険に加入していた場合。限度額の3,000万円までは保険金が支払われます。
自賠責保険に加入していない場合。全て、自己賠償となります。

未加入で捕まった場合

無保険運転で違法となります。
懲役1年または50万円以下の罰金 + 違反点数6点(免許停止処分)となります。

自賠責保険(共済)に加入せずに人身事故を起こすと、もともと自賠責保険(共済)から支払われる賠償金がすべて自己負担になります。たとえ任意保険に加入していても、支払われるのは自賠責保険(共済)の補償限度額を超えた金額のみです。

※ 自賠責保険の更新を忘れていた時も同様です。

※ 自賠責保険(共済)の証明書を所持していなかっただけでも30万円以下の罰金となるので、原付のシート下のスペースに入れておくのがおススメです。

まとめ

「事故は絶対にしたくない!」のが本音です。

自賠責保険の更新を忘れて期間切れとなって、無保険運転でお金を支払うのは絶対に嫌です。

60ヵ月契約ですら13,980円なのに、懲役1年または50万円以下の罰金なんて勿体ないです。

田舎はん

読者さんはどう思います?

ふくろう先生

「捕まらなければ良し!」という考え方もあるけど、
ソレはチョットなぁ~

ちゃんこ先生

ルールは守って自賠責保険には入っておこう!
その上で、原付の運転を楽しんだら良いんじゃない!

原付 MAIN情報 住んでいる地域では、電車・バス・タクシーなどの交通方法もありますが、それらを利用するダケでは「不便」の一言です。 その結果とし...